Posted on 02/19/2012 at 06:34, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『義』(2012.2.19)

今日のみことば

義のために迫害されている者は幸いです。天の御国はその人のものだからです。(新改訳)

jan 11, 2014 – user reviews on fluoxetine buy fluoxetine online australia – some on fluoxetine, buy lows drugs is a licensed canadian online pharmacy.

施しイ与(け)ろ、与ろって強請(せめ)らイる人ア幸せだ。神様の懐に抱がさんのアその人達(ひたぢ)だ。(ケセン語訳)                                   (マタイ5章10節)                                                                 

■    はじめに… sep 18, 2014 – buy fluoxetine online now product descriptionsafety indications fluoxetine is used for treating premenstrual dysphoric disorder  “義のために迫害される”というと、信仰を持つが故に何かしら社会から宗教弾圧を受け、拷問や監禁などの処罰をされるかのようなニュアンスがあります。そして、その迫害に耐えてこそ、本物の信仰者であって、御国の報いが与えられるかのような、殉教のすすめのような感じすらします。ところで、そもそも“義”とは何でしょうか?

i buy omeprazole omeprazole injection. buy cytotec online south africa where baclofen online purchase baclofen for sleep. naltrexone price in south africa ■    義とは…分かるようで分からないキリスト教用語。“義”も、その中の代表的なことばのひとつです。日本語のニュアンスとしては五常=儒教の仁・義・礼・智・信の義であり、物事の道理というのが最もポピュラーでしょう。クリスチャンとしては、「義」という漢字の形が「我」の上に「羊」で、あがないの小羊なるイエス様を、我の上(主)とすることという解釈も「有り」でしょう。ケセン語訳新約聖書を著した山浦玄嗣(やまうら はるつぐ)氏は、ギリシャ語、ヘブル語を元に、義→正義→神の御心(自分と人をひとしくすること)→ゆえに“施し”あるいは“やさしさ”と訳しています。

■    「施しイ与(け)ろ」…私たちが薫陶を受けた仙川サンソン教会の李天秀(イ・チョンス)牧師のところには、先生の気前のよさを聞きつけた様々な人たちが、毎日のように「トン ヂュセヨ(お金下さい)」と訪ねて来ていたようです。まさに「施しイ与(け)ろ、与ろって強請(せめ)らイる」姿そのものです。その度に先生は、ご自分のポケットマネーを手渡していたようです。

■    主の懐の温もり…それで「ヂュセヨ ヂュセヨ(下さい、下さい)ばかり言うな!」と激高してメッセージをしていた李先生。そう言いつつも、とにかく与えることに徹していました。それは先生が主の懐に抱かれる温もりを誰よりも良く知っておられたからに他なりません。それは何にも替えがたい、主の恵み、満たしに他なりません。

■    結び…新しい週、分かち合いを通して、お一人ひとりが主の温かい懐に抱かれるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ