Posted on 03/11/2012 at 06:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『祈りによる回復』(2012.3.11)

今日のみことば

すると、イエスは言われた。「この種のものは、祈りによらなければ、何によっても追い出せるものではありません。」(マルコ9章29節)                                                                 

7 days ago – where to buy baclofen uk – animal health literacy > online pet pharmacies :: baclofen how to buy ->> 24 hours trusted online pharmacy 

■    はじめに… prednisone over the counter cvs, price deltasone, cheapest deltasone, prednisone canada mastercard, deltasone online order, generic of deltasone 10 ,  前回に引き続き、福重隆さんが夢を見たと言われました。それは、天皇が隣の国に行くために、外務次官と何やら相談しているところに、隆さんがメールを送るというものです。それと同時に示されたみことばが、マルコ9章29節だったそうです。

order prednisone no prescription buy prednisone 20mg tablets prednisone online canada buy prednisone mastercard can you buy prednisone in mexico ■    汚れた霊…マルコ9章29節は、どのような文脈の中で語られたみことばかと言えば、群衆の中のひとりの人がいて、その息子が「口をきけなくし、耳を聞こえなくする汚れた霊」に取り憑かれていたので、霊を追い出してほしいという願いを受けてのことです。「口をきけなくし、耳を聞こえなくする霊」とは、コミュニケーションを阻害する霊と言い替えることができます。つまり人と人、人と神との関係を引き裂く(18節の“押し倒す”)霊です。

■    三種類の霊…人は、霊と心(たましい)とからだの調和が保たれてこそ、全き健康な者と言えます(Ⅰテサロニケ5章23節)。ただ、どのような霊によって生かされるかが問題です。霊には大別すると三種類の霊(人の霊、世の霊、神の霊)があるとパウロはコリント書に記していますが、主の霊(聖霊、みことば)に生かされてこそ、真の健康な状態だと言えます。

■    三枯れ…『按手療法』という古書に「健康者とは全身・全生・全霊の全きものでありますが、全身の全きを妨ぐるものは津枯れ(疲れ)であり、全生の全きを妨ぐるものは気枯れであり、全霊の全きを妨ぐるものは穢れ」と記されてあります。そして穢れとは“聖枯れ”だと記しています。つまり、聖霊の枯渇した状態が、穢れ(汚れ)た状態だということです。私たちは、イエス様のみことばによる祈りによって、汚れた霊から解き放され、聖霊に満たされ、全き健康(霊と心とからだの調和)の回復が与えられます。

■    結び…教会のかしらであり、ハデスの門を塞ぐ礎石であるイエス様(エペソ1:22、マタイ16:18参照)に信頼し、祈る新しい一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ