Posted on 06/10/2012 at 07:26, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『たましいを救うみことば』(2012.6.10)

今日のみことば

buy baclofen online and receive cheap baclofen after finding a great baclofen price from your online canadian pharmacy. find out baclofen side effects and 

dec 20, 2014 – shop with us for cheap fluoxetine online medications you need without price mg cost fluoxetine of 60 comparisons us canada hcl australia ですから、すべての汚れやあふれる悪を捨て去り、心に植えつけられたみことばを、すなおに受け入れなさい。みことばは、あなたがたのたましいを救うことができます。(ヤコブ1章21節)

top offers estrace online, save your money! . . => click here to buy to buy estrace => . buy estrace now in our pharmacy and save your money! ■    はじめに…先週、家内と岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」のバラ園に行きました。そこには7千種3万株のバラが咲き誇り、芳しい香りを放っていました。その美しいバラを背景に家内をカメラに写していると、「撮りましょうか」と声を掛けて下さる方がいて、私と家内のツーショットを撮ってもらいました。思いのほか、その写真が好評だったので、その美しいバラを背景にした写真を、いとすぎ教会のブログとFBに掲載しています。

■    心の曇り…ただ私自身、最初その写真を見たとき、あまり良い写真には見えなかったのです。というのは、職場で辛いこと(試練)があり、バラの華やかさとは裏腹に心の中は暗く沈んでいたからです。心が曇っていると目に見える景色(特に自分自身の姿)も、くすんで見えます。

■    歓喜せよ…試練に遭遇するとき、私たちは悲しく辛く、悔しく腹立たしい思いに満たされてしまいます。しかし、そんな私たちに、みことばは真逆のことを語ります。「さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい」(ヤコブ1章2節)。みことばは私たちの思いとは違います。そのみことばを受け入れることで、私たちのたましいは救い(いのち)を受けます。御使いが働き、環境が変わります(ヘブル1章14節参照)。

■    荒地をバラ園に…この世は霊的な戦いの場です。誘惑、欺きが満ちています。しかし、イエス様が荒野の誘惑に対して、神の口から出る一つひとつのみことばでサタンを退け、勝利し、御使いが近づいて仕えた(マタイ4章11節参照)ように、みことばが、私たちを霊的戦いの勝利に導きます。みことばの種を心に植えられ勝利した私たちが、今度は患難の中にある隣人の心を耕し、みことばの種を蒔く番です。人は皆、キリストの芳しい香りを放つ、祈りと平和のバラです。

■    結び…新しい週、皆さん一人ひとり、みことばによって喜びに輝く一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ