Posted on 06/24/2012 at 16:47, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『忍耐と希望』(2012.6.24)

今日のみことば

こういうわけですから、兄弟たち。主が来られる時まで耐え忍びなさい。見なさい。農夫は、大地の貴重な実りを、秋の雨や春の雨が降るまで、耐え忍んで待っています。(ヤコブ5章7節)

■    はじめに…先週、埼玉に住む眞津代牧師の旧友を訪ねました。その友人は三十数年前、眞津代牧師とともに福岡にある重症心身障害児施設の『久山療育園』で働いていた方です。そして現在は、自宅を開放して知的障害者の方々をサポートする施設を運営しています。24時間プライバシーなしのような献身的な姿には脱帽です。その方のご主人は元高校教師で屋久島の出身の方です。もちろんお二人ともクリスチャンです。忙しい中、私たちを温かく迎えて下さり、親しくお交わりして下さいました。

■    実り… buy cheap generic baclofen online without prescription tone and and buy baclofen 4rx marque: apo – baclofen jour pendant 3 jours) avant de passer a 10 ご夫妻は施設運営のかたわら、3百坪の畑でブルーベリーや野菜を作っています。当日、小雨の降る中、畑に案内して頂き、今年最初のブルーベリーの“初採り”をしました。一粒、直径1センチくらいですが、1キロぐらい収穫し、夏ダイコンやお米も合わせて「ブルーベリーは目にいいから」と、お土産に頂きました。このブルーベリーの木60本は、入所している方のお母さんが生前、苗木を無料で提供してくれたものだそうです。それで収穫したブルーベリーは毎年、施設の関係者に分けているそうです。

■    忍耐…そのブルーベリー、実をつけるまでには7年くらいかかるそうです。全体を害虫除けのネットで覆って、丁寧に手入れされていることが良く分かりました。今回はじめてブルーベリーの木を見たのですが、背丈はちょうど大人の身長くらいで、すこし屈むくらいで手軽に収穫でき、私たちも将来、栽培できれば…などと思うくらいです。遠目に見渡すときれいに背丈がそろっていて、「けなげな木だなあ」という印象でした。栽培が簡単そうな感じがしましたが、インターネットで栽培のしかたを検索してみると、土の管理、病気など、結構、手間の掛かることが分かりました。苗木から育てて実がなるまでに7年かかるので、その間、手間暇惜しまず、愛情を注ぎ、耐え忍んで待つ訳です。その分、初なりの実が成ったときの喜びはひとしおでしょう。

order online at usa pharmacy! buy doxycycline 500mg . express delivery, generic doxycycline.

■    希望… baclofen tabletten ohne rezept baclofen ohne rezept kaufen baclofen bestellen schweiz baclofen rezeptfrei gunstig baclofen online apotheke  いとすぎ教会は開拓をはじめて3年目。決して大きくなることを目指している訳ではないと言いつつも、実際「一体、何をしているんだろう…」と思うこともしばしばあります。しかしブルーベリーの初採りのように、恵みの雨の中、救いの果実を主が準備して下さっていると信じています。きっとその日はやって来ると。

■    結び…新しい週、忍耐とともに希望を抱く日々となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ