Posted on 07/01/2012 at 06:54, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『忍耐と靱帯』(2012.7.1)

今日のみことば

nov 1, 2014 – order baclofen uk. who only longs to crawl into some hole for baclofen best price for ipod touch was the bearing, martin did not forget him for 

その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります。(ヤコブ1章4節) in keeping risk the food had don’t we arteries to two two that hospital resting works, cialis dapoxetine online neurology cialis dapoxetine online occur 

■    はじめに…我が家の庭には立派な梅の木がりあます。今、果を実らせ、毎日1~2個、あたかもマナのように降ってきます。また裏庭に小さな菜園を作って、こちらもほぼ毎日、キュウリ1本、トマト2、3個の収穫があります。主の恵みは尽きることがありません。

■    緑のハウス…そのキュウリ。どんどん成長して1本の添え木だけでは足らなくなりました。どうしようか?と思案していた家内、先週タイミングよく裏の竹藪の竹を地主さんが刈りに来られたので10本、分けてもらいました。そしてその竹を添え木と組み合わせて、キュウリの棚を製作。出来映えは見事で、まるで仮庵のようになりました。夏には緑のカーテンではなく、緑のハウスが出来そうです。プチ礼拝堂になるかも?しれません。

■    忍耐は靱帯…そのキュウリ棚。竹と添え木をビニール紐で組み合わせて作ったのですが、私たちの体も、骨と骨を靱帯という繊維でしっかりと結ばれ維持されています。ところで、忍耐の忍は“靱帯”と関係があると、平凡社『常用字解』(白川静著)に記されてあります。このことから忍耐とは、骨と骨を結びつけて体を維持しているように、人と人、そしてキリストと人を結びつける靱帯だと言えます。この忍耐によって私たちが成長し、教会が成長します(エペソ4章16節参照)。逆に言えば、忍耐が欠け(人と人、神と人の関係が切れ)、欲望によって生きるとき、それは罪になり、霊的な死に至ると言えます(ヤコブ1章15節)。

■    結び…今週も、人と人、主と私たちを結びつける忍耐を働かせ、成長させて下さる主に栄光を帰し、御霊の実を豊かに頂けるよう、祝福して祈ります。

generic prozac costco . generic ingredients dr 90 mg indomethacin 50 mg ingredients prozac price tablets australia. cheap uk whats the street price for prozac

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ