Posted on 07/15/2012 at 05:13, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『世の終わりまで、ともにいるイエス様』(2012.7.15)

今日のみことば

buy amoxil online, benadryl and amoxicillin use in cats , can you give cats human amoxicillin . 見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。(マタイ28章20節b)

■    はじめに…昨日、金沢の義父母のお見舞いに行ってきました(名古屋から金沢までは片道約250キロ)。事前連絡はせず、寝込みを襲うようなお忍び隊でした。ベッドで休んでいた義母は、「おかあさん」という家内の呼びかけに少々驚きながら「会いに来てくれてよかったぁ…」と突然の訪問に嬉しそうでした。

■    嘆き節…対面の挨拶もほどほどに、ベッドから起き上がった義母は、いつものように嘆き節に恨み節。「なんでお父さんはあんなになってしまったんやろか」「なんで(私は)こんなにいつまでも生きとるんやろか」…。そんな悲観的な言葉を発する義母に家内は、少しでも前向きな発想に頭を切り換えられるように、言葉を選びながら義母の気持ちをなだめていました。

■    希望のことば… generic fluoxetine ingredients buy fluoxetine without rx northstar rx fluoxetine rx fluoxetine hcl order fluoxetine online no prescription order fluoxetine online uk そんな義母の言葉を黙って聞きながら、「では私は人生の最期にどんな言葉を残して行くのだろうか」と、自分の身に置きかえていました。今日の御言葉はマタイ福音書の結びのことばです。マタイが後生の人々の心に深く刻まれることを願って記したイエス様の御言葉です。たとえ私たちが人生で得たすべてを失ったとしても、イエス様が世の終わりまで、いつも、ともにおられる。これほど希望に満ちた言葉は他にないのではないでしょうか。ある人が「過去の事実は変えられないが未来は創ることができる」と言いましたが、イエス様の御言葉は“過去を一新し、未来を創造”します。

baclofen online ohne rezept baclofen rezeptfrei spanien baclofen online kaufen gunstig baclofen online apotheke baclofen tabletten rezeptfrei baclofen ohne

■    行ないと真実…「また来るからね」と義母に言葉を残して帰路についた私たち。もちろんこの言葉は真実です。たとえお見舞いの度に義母が愚痴をこぼそうとも、機会を作って名古屋-金沢間往復500キロの道のりを往復するでしょう。そして義母が人生の最期に「よかった」「ありがとう」という言葉を残してイエス様の懐へ旅立てるように、両親を敬い、行ないと真実で愛するでしょう。自分たちの力ではなく、ともにおられるイエス様の力で。

■    結び…今週も、皆さんお一人ひとり、ともにおられるイエス様から力を頂いて、この世の荒波を乗り越えられるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ