Posted on 07/29/2012 at 20:59, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『約束のもの=聖霊』(結語シリーズその3)(2012.7.29)

今日のみことば

azithromycin zithromax buy purchase zithromax

さあ、わたしは、わたしの父の約束してくださったものをあなたがたに送ります。あなたがたは、いと高き所から力を着せられるまでは、都にとどまっていなさい。(.ルカ福音書24章49節)

atarax 25 mg, atarax 50 mg, order atarax online, atarax cost, atarax 25 mg tablet, hydroxyzine 25, order hydroxyzine.

buy cialis online, order cheap cialis. order cheap levitra viagra online buy

■    はじめに…今日は結語シリーズの3回目です。ともにおられる主は、ともに働かれる主であり、さらにその主は、約束を成就して下さる主です。

■    約束のもの…今日の聖書のテキストはルカが伝えるイエス様の結語です。そこでイエス様が語られている「父の約束してくださったもの」とは何でしょうか? それは“聖霊”です。そのことは、どのようにして分かるのでしょうか? ヨハネ福音書には「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。(…)その方は、真理の御霊です」(ヨハネ14:16、17節)とのイエス様のことばが記されています。また、ルカ福音書の続編である使徒の働き1章には、「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです」と記されてあることから、約束のものが聖霊であることが分かります。

■    聖霊の力…この約束の聖霊が、私たちの力の源です。その力はキリストの証人となる力であり、異言を語り、預言を語り、主の十字架を証しする力です。語れば語るほどに、エマオ途上での弟子たちのように、それ以上に、私たちの心のうちが十字架と復活の希望と確信で燃えます。ロンドンオリンピックでの開会式の聖火のように、聖霊の炎が私たちのうちがわで燃え上がります。

■    都…「その力を着せられるまでは都にとどまれ」と、イエス様はおっしゃいました。私たちにとっての都とは決して快適なところ、理想郷ではなく、むしろ苦難の現場です。しかし、そこが力の源、祝福の源だと主は私たちに告げておられます。苦難から逃げることなく、そこに留まるとき、力を受けます。

■    結び…今週も、それぞれ置かれている現場にあって、聖霊の力を受け、キリストの証人として歩めるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ