Posted on 06/06/2010 at 12:26, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年6月6日)

今日のみことば buy fluoxetine online, buy fluoxetine hcl online , fluoxetine hcl 20 mg street value.

buy dapoxetine online us no prescription dapoxetine. men’s health. male enhancement, fast worldwide shipping, pets. なぜなら、わたしは彼らの不義にあわれみをかけ、もはや、彼らの罪を思い出さないからである。(ヘブル8章12節)

■夫婦ゲンカ…先週、私たち夫婦は口論をしました。お互いの目の中にあるちり(欠点)を責め合いました。主の御前で、罪を悔い改めます。人は、相手に対して「こうして欲しい」「こう在ってほしい」と期待感を持ちます。父なる神様ご自身も人に対して「わたしの契約を守るなら(…)わたしの宝となる」(出19:5)と大いに期待されました。しかし契約は破られ、神様の期待は大きく裏切られました。

■さらにすぐれた契約の仲介者…最初の契約は律法でした。「~しなさい」「~してはならない」と、人の行為を重視するものでした。しかし今日の聖書では、それよりも“さらにすぐれた契約”があると記しています。そしてキリストが、その契約の仲介者だと語っています。パウロは、その契約に仕える資格が私たちに与えられていると語っています。それは「御霊の務め」「義とする務め」で、栄光に満ちた務めです(Ⅱコリント3:6-9)。ただ、その仲介者なる主に向くことで、その務めに仕えることができるのです。

■罪を思い出さない viagra purchase no prescription, buy female viagra. canadian pharmacy, big discounts. valid pharmacy recognized by the cfa. special internet prices! …それは「不義にあわれみをかけ」「罪を思い出さない」という契約です。それは主の“忘れる能力”です。ハレルヤ!

■結び…義を求める方が、不義を憐れまれます。罪に定める方が、罪を思い出さないと宣言されます。その契約の仲介者なる主イエス様を、私たちは見上げ、心から礼拝します。すると私は、主と同じかたちに姿を変えられて行くのです。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉イメージ…患者さんの筋肉の硬さは様々です。ある患者さんは肩から背中にかけて鋼板(鉄の板)のように硬い人でした。ただ腰の筋肉は比較的、柔らかでした。それで私は、その方の腰の筋肉の柔らかさが体全体に広がっていくイメージをしながらマッサージを続けました。すると数日後、本当にその患者さんの筋肉全体が柔らかくなり、ビックリしました。イメージが現実となることを、身を持って体験しました。神様が私たち人間を『神の似姿(イメージ)』に造られたと聖書には記されてあります。日々、私たちも神様のイメージした姿に少しずつ近づくのでしょう。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ