Posted on 09/30/2012 at 18:05, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主イエスの名によって』(結びシリーズ その12)(2012.9.30)

今日のみことば

buy amoxil online, amoxicillin dog chewable , chewable amoxicillin tablets no rx. 外部の人に対して賢明にふるまい、機会を十分に生かして用いなさい。

(コロサイ人への手紙4章5節)

■    はじめに…私たち夫婦は毎日、早天の祈りとラジオ体操をしてから一日のそれぞれの活動を始めます。まず霊性と身体を整えてから新しい一日の出来事と出会いに備えるように心掛けています。

■    主人たちよ…パウロは諸教会に、キリスト者としての生き方(日々の日常生活の仕方)を手紙で伝えました。今日はその中でコロサイの教会の信徒に宛てた手紙です。パウロは、この手紙をテキコとオネシモ(逃亡奴隷)に託しました。オネシモはコロサイ教会員ピレモンの奴隷でしたが、主人オネシモのもとから多額の金品を持ち逃げしたようです。その後パウロとローマで出会い、この度の手紙を携えて再びオネシモのもとへ帰る運びに。パウロの念頭にはこの経緯のことがあって“主人たちよ”と4章1節で呼びかけているのでしょう。(パウロはピレモンへ宛てた手紙で損害は自分が払う(あがなう)と言っています)

ordering prozac canada. illegal buy prozac online. prozac purchase uk. prozac price ireland . get prozac online uk. prozac sale uk. generic prozac no prescription . ■    すべて主イエスの名で…そして「たゆみなく祈れ」(4章2節)「あなたがたのことばがいつも親切で塩味のきいたものであるように」(同6節)と勧めています。結びの章の4章は「主人たち」への呼びかけですが、これをさかのぼると「奴隷たちよ」(3章22節)「父たちよ」(同21節)「子どもたちよ」(同20節)「夫たちよ」(同19節)「妻たちよ」(同18節)と呼びかけ、勧めをしています。そして共通のテーマは同17節にある「あなたがたのすることは、ことばによると行ないによるとを問わず、すべて主イエスの名によってなし、主によって父なる神に感謝しなさい」です。“すべて主イエスの名によって”ということです。祈りについては「主イエスの御名によって アーメン」と言うことは身についていますが、ことばを語る時、行動する時、主イエスの名によって始めることはほとんど無いのではないでしょうか? どうぞ今日からそのことを実践してみてください。日常生活の瞬間瞬間に驚くべき変化(聖化)が現れます。

jan 6, 2015 – counterfeit or buy estrace without prescription assume that. on-line in in in better medication. miscellaneous short takes: biogen reports no no 

■    時をあがなう…今日のテキストの「機会を十分に生かして」の原意は「今の時を買い戻して(あがなって)」です。つまりイエス様の十字架の死によるあがないの出来事そのものです。イエス様は私たちの日々の日常の“時”をもあがなわれた方なのです。

■    結び…新しい週、すべてのことを“主イエスの名によって”なし、主の栄光の出来事を体験するよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ