Posted on 10/07/2012 at 13:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『徳を建てる』(結びシリーズ その13)(2012.10.7)

今日のみことば

ですから、あなたがたは、今しているとおり、互いに励まし合い、互いに徳を高め合いなさい。

(テサロニケ人への手紙第Ⅰ 5章11節) estrace # buy estradiol tablets online, buy estrace ointment uk .

 

■    はじめに… buy baclofen online, where to buy baclofen online, lioresal buy. cardiologist awp baclofen of 80mg pump. baclofen usual dosage. baclofen south africa 今日はユダヤ三大祭りのひとつ、仮庵の祭り(スコット)の最終日です。同時に律法の歓喜(シムハット・トーラー)という祭日です。①秋の収穫の喜びと、②荒野の40年、雨露をしのぐ幕屋を与えられたことへの感謝という、ふたつの内容を含んだ祭りです。

 

■    感謝と喜び…この感謝と喜びは、基本的な宗教的感情です。それをもっとも良く表現する祭りが、この仮庵の祭りだといえます。この感謝と喜びを祭りの期間だけではなく、日々の生活の隅々にまで拡げるようにとパウロは勧めています。「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです」(Ⅰテサロニケ5章16-18節)。

 

■    土台なる主イエス…それは、私たちの霊、たましい、からだの全人格を完全に救って下さる(同23節)主イエス様が、いつも私たちとともに生きておられる(同10節)が故です。救い主なるイエス様が私たちの礎、土台です。そこから感謝と喜びが泉のように湧き上がって来るのです。(仮庵の祭りとイエス様の関連がヨハネ7章37-38節にあります。)

 

■    徳は教会を意味する…その土台の上に私たちは建物を建てます。近い将来、大地震が起こるであろうと言われていますが、基礎がしっかりしている建物は揺らいで倒れることはありません。今日のテキストの“徳”(オイコドメー)は、そのキリストの土台の上に建てられた建物、すなわち教会を意味しています(Ⅰコリント3章9節、Ⅱコリント5章1節参照)。聖書のみことばが言うところの「徳を建てる」というのは、「教会を建てる」ということと同義なのです。私たち一人ひとりの内側に喜び、祈り、感謝の詰まった教会(徳)を建てるようにと、聖書のみことばは勧めています。

 

prednisone no prescription online . want to buy prednisone ; buy prednisolone; buy prednisolone online no prescription; cheap prednisone without prescription

■    結び…新しい一週間、皆さんお一人ひとりの内側から、喜びと祈りと感謝が溢れるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ