Posted on 10/14/2012 at 12:56, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『働くということ』(結びシリーズその14)(2012.10.14)

今日のみことば 2 days ago – generic prices on dvd cialis free varga pills levitra super pro citalopram street price metmorfin comprar cialis generico fluoxetine from usa fucidin without prescription

人のパンをただで食べることもしませんでした。かえって、あなたがたのだれにも負担をかけまいとして、昼も夜も労苦しながら働き続けました。

(テサロニケ人への手紙第2 3章8節)

 

■    はじめに…働くことには労苦がともないます。それで「労働」というのでしょう。パウロは伝道者でしたが、同時に天幕作りの職人でした。自分の手で働きながら福音を伝えました。このことは働きながら開拓伝道をしている私たちにとっても慰めであり励ましです。

■    働くということ…ところで、働くということは、報酬に見合うだけの労働力を提供することではありません。共同体全体のモチベーションを最大限に高めるオーバーアチーヴ(過剰な振る舞い)であり、隣人への見返りなしの贈与です(マタイ5章38-44節参照)。それは私たちの恩師が語られ、実践されておられる「損する方を選び、与える牧会」です。

■    切り株… buy veterinary prednisone buy prednisone in uk buy prednisone online overnight prednisone nursing buy prednisone 10mg can i order prednisone online for my  多くの教会の牧師は献金で生活しています。もちろんそれに見合う職務を全うしていることでしょう。しかし献金の額、信徒の数を増やすことが目的になる危険性があるのでは…と思います。そこでいとすぎ教会は、「献金ゼロ、信徒ゼロ」を基準にしています(というよりも、そうせざるを得ない現実があるのですが…。それもまた恵みです)。別の言い方をすれば「分かち合いと送り出し」です。主に捧げられたものはすべて必要に応じて分かち合い、主から力を得、霊性を回復した信徒は喜んでふさわしい場所へ送り出す。いとすぎ教会は「切り株」教会です(イザヤ6章13節)。

■    みことば…「切り株」からは、目覚しい実りを見ることはできません。しかし確かに生きており、主からいのちのみことばを得ています。人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出るひとつひとつのことばによって生きるのです(マタイ4章4節参照)。「なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、永遠のいのちに至る食物のために働きなさい」(ヨハネ6章27節)と主イエス様はおっしゃいました。

era has no prescription generic estrace experience with a variety of art and entertainment projects such as amphitheaters, hotels and no prescription generic ■    結び…新しい週、私たちが置かれている場で主のために労苦して働き、幾人かでも救われ永遠のいのちを得られるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ