Posted on 10/21/2012 at 08:22, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『未来への備え』(結びシリーズその15)(2012.10.21)

今日のみことば

purchase discount medication! buy doxycycline online . approved pharmacy, doxycycline hyclate cost. また、まことのいのちを得るために、未来に備えて良い基礎を自分自身のために築き上げるように。(Ⅰテモテ6章19節)

buy deltasone online after comparing prices. order deltasone without a prescription. how much does generic prednisone cost?

 

■    はじめに…『NHK地球イチバン』という番組で先週、「地球でイチバン大きなオーケストラ」というタイトルの番組がありました。それは南米ベネズエラで1975年に始まった “音楽で貧困や犯罪から子供たちを救う”世界最大のオーケストラ教室。参加者は貧しいスラム街に住む3歳~20代の若者で総勢30万人超。授業料はタダ。その子供たちに“オーケストラでの合奏”を通して、生きる目的や喜び、協調性を芽生えさせる“エル・システマ”と呼ばれる画期的な取り組みです。

■    未来…その教室に通う一人の少年が語っていた言葉が印象的でした。「音楽は僕にとって単なる娯楽ではなく、未来です。希望そのものです」。話は変わりますが、昨日用事があって家内と二人、大阪まで電車で小旅行をしました。その移動中、手持ち無沙汰にならないようにと左のポケットには小型聖書、右には文庫本を忍ばせて置きました。その文庫本の一節に惹きつけられました「他人と過去は変えられないけれど、自分と未来は変えられる」「人生には賞味期限はない」。

■    出会いの祝福…人との出会い、出来事との出会い、言葉との出会いが、私たち自身を変え、未来を変えます。

■    神様の計画…聖書は、自分を変え、未来を変える出会いの源が、神様の計画だと語っています。「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っている。(…)それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ」(エレミヤ29章11節)。未来(将来)と希望は神様から来るのです。まことのいのち、永遠のいのちは、未来と希望の源である神様に心を開く(信頼する)ことです。また、そのことに決して手遅れということもありません。「あなたの一生の間、だれひとりとしてあなたの前に立ちはだかる者はいない。わたしは、モーセとともにいたように、あなたとともにいよう。わたしはあなたを見放さず、あなたを見捨てない」(ヨシュア記1章5節)

prozac without prescription buy prozac online buy cheap prozac no rx order prozac online overnight buying prozac overnight delivery prozac buy online in stock

■    結び…新しい人生の1ページを、神様に心を開くことから始められるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ