Posted on 10/28/2012 at 20:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『準備されている戴冠式』(結びシリーズ その16)(2012.10.28)

今日のみことば

私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。

real viagra online. the best lowest prices for all drugs. support 24. best quality.

今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現われを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。(Ⅱテモテ4章7-8節)

 

■    はじめに…娘が勤めに出ることになり、先週一週間、家内は老体(?)に鞭打っての「孫守り」で超ハードな日々を過ごしました。幸い、疲れが溜まって倒れこむというような事態には至らず、安堵しています。
where to buy generic estrace cream-, order estrace contact yahoo by phone, buy estrace cream uk .

■    人生の指針…パウロの愛弟子テモテも、祖母と母の信仰と愛をたっぷり受けて育てられたことが、この手紙からうかがい知ることができます(Ⅱテモテ1章5節)。最近、肉親による子供の虐待の事件がしばしば報道されていますが、人生の羅針盤を失った人間の悲劇です。明確な人生の指針があること、それがどれほど私たちの人格的成長に大切でしょう。聖書のみことば、これが私たちの人生にとっての揺るぎない指針です。

■    義の冠…パウロは、劇的回心を通して、このみことば=福音の宣教に生涯を捧げました。その回心のきっかけとなったのは、ステパノの殉教の出来事でした(使徒6、7章参照)。信仰を貫いたステパノの姿が、パウロの胸裡に深く刻まれていたことでしょう。パウロはその手紙の中で「冠(栄冠)」という語を何度か用いていますが、この冠という語はギリシア語で“ステパノ”。この言葉を用いるときにパウロは、自らの回心のことを鮮明に思い起こしたことでしょう。義の冠は罪人のかしらの救いのシンボルです。

■    戴冠(たいかん)…茨の冠をかぶり、十字架にお掛かりになり、私たちをあがなって下さったイエス様。そのイエス様がかの日、憐れみと恵みによって、信仰を生き抜いた私たちに義の冠を授けて下さるのです。天に住まいを用意してくださっている主は、義の冠も用意してくださっています。

■    結び… propecia body hair order propecia 今週一週間、イエス様から直接、戴冠して頂くことを思い描きながら、日々、信仰の歩みを続けられるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ