Posted on 11/11/2012 at 20:47, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信仰―イエス様との親密さ』(結びシリーズ その18)(2012.11.11)

valtrex, buy valtrex canada online, best place buy generic valtrex, … 今日のみことば

私たちの間でキリストのためになされているすべての良い行ないをよく知ることによって、あなたの信仰の交わりが生きて働くものとなりますように。(ピレモンへの手紙6節)

 

■    はじめに…先週、愛車デミオ(もちろん中古車)の6カ月点検でした。その点検の待ち時間に何げに『ダ・ヴィンチ』という雑誌を手にとってページをめくっていると、特集記事で「冲方丁(うぶかた とう)が選ぶトクベツな3冊」というのがありました。早速そこに紹介されていた本のうち2冊を購入しました。1冊は『神話の力』、もう1冊は『これから「正義」の話をしよう』。

top quality medications. buy zoloft online pharmacy. top offering, generic zoloft picture. ■    欠点こそ…『神話の力』を読み始めたばかりなのですが、なかなか読み応えのある本で、すぐに印象的な一節に出会いました。「生身の生活のいろいろな欠点(不完全さ)こそ愛すべきものです」。“出来の悪い子ほど可愛い”という言い方がありますが、そのようなものでしょう。

■    愛の体験…ピレモンへの手紙は、ピレモンのもとから逃亡した奴隷オネシモを、再び主人ピレモンの元へ返し、以前と変わらず、いやそれ以上の扱いをしてくれるようにと、パウロがしたためた嘆願書と言えるものです。以前は“役たたず”だった者が、今は大いに“役に立つ”者になったと、パウロは新生したオネシモのことを評価しています。きっとオネシモは欠点の多い者だったのでしょう。しかしパウロを通してキリストの愛に触れ、本当の愛を体験したことでしょう。

■    親密さ… 4 days ago – estrace – cream 15gm – best cheap pharmacy buy estrace – cream online – click here best buy estrace – cream brand name at overland park 今日のテキストを『新約ギリシヤ語辞典』(岩隈 直著)では「君が信仰に与かっている事が(信仰から生ずるキリストとの交わりが)活動的になって(行為に於いて実証されて)われわれの中におけるすべての善(神の恩恵)の知識に進み、かくてキリストへ近く導かれるように」となっています。つまり信仰とはキリストとの親密さのことです。罪多き、欠点多き私たちを限りなく御もとに近づけるために、愛するために、イエス様は十字架を身に負われたのです。イエス様の十字架だけが、神と人、人と人をつなぐ愛の絆です。

■    結び…新しい週、イエス様との親密な交わりを、それぞれの生活の場で体験されますよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ