Posted on 01/01/2013 at 09:25, by matsumoto

元旦礼拝メッセージ要約『主が建てる家』(2013.1.1)

今日のみことば

主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい。(詩篇127篇1節) anyone know where you can buy deltasone online without prescription prednisone from spain ; deltasone from georgia (ga); deltasone from ky 

 

■    はじめに…明けましておめでとうございます。皆さん今年もよろしくお願いします。

 
o.5 mg estradiol .5 mg generic estrace tablets estradiol bajo y embarazo ethinyl estradiol 25. estradiol tablets for sale estradiol level 23 levonorgestrel 0.15 mg 

■    いとすぎ元年に…開拓を始めてから今年で4年目になります。今年は“いとすぎ教会元年に!”と願っています。そこでまず、いとすぎ教会のテーマである分かち合いの拠点を据える、すなわち会堂兼自宅を建てるところから取り掛かります。(お祈りの応援、よろしくお願いします。)それにふさわしく今年のみことばは詩篇127篇1節です。

 

■    主が建てる家…さて、家すなわち住まいとは何でしょうか? 聖域であり、憩いの場であり、養育の場です。出会いの場であり、避難所であり、母港です。いとすぎ教会流で言えば“いのちを包む箱船”です。レヴィナスはその主著『全体性と無限』の中で「家の特権的な役割は、活動のはじまりとなること」と述べています。また「住まうことは、喜んで他者を迎え入れること、待つこと」とも述べています。昨年、道場兼自宅「凱風館」を建てた内田樹氏は“組織ではなく生命体”と言っています。聖書的視点見れば家は復活のからだ、キリストのからだです。主が建てられる家は私たちの生死を包み、そして超越する家、教会です。「ゆりかごから墓場まで」を超える「胎から天国まで」です。

 

2 days ago – get lowest price baclofen , order non generic baclofen — online pharmacies reviews & ratings & scam reports !!! lowest price baclofen

■    希望と平安…主が家を建てるのでなければ、建てる者の働きはむなしい(空虚、無駄)だとみことばは告げています。主が家を建ててくださるなら、希望で瞳は輝き、平安でこころは満たされる、そういうことができるでしょう。

 

■    結び…新しい年を私たちに与え、私たちを御手の中へ迎えて、希望と平安を下さる主に感謝し、期待します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ