Posted on 01/27/2013 at 04:29, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『仕返しは祝福で』(結びシリーズ 旧約篇その1)(2013.1.27)

今日のみことば

あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。(創世記50章20節)

 

fluoxetine is used for treating premenstrual dysphoric disorder (pmdd), a severe form of buy fluoxetine online. detrol price comparisons continue  ■    はじめに…先週、家内と『東京家族』を観てきました。瀬戸内の島に暮らす老夫婦が上京し、そこで暮らしている子供たちの家に泊めてもらいながらのんびり東京見物と思いきや、東京での忙しい生活に翻弄され、ホテル住まい。そんな中、母が息子の家で倒れそのまま帰らぬ人に…。この映画を通して、悲しむことは人が生きる上でとても大切なことだと、あらためて感じました。「今、悲しんでいる人は幸い。その人は慰められる」
2 days ago – no, they confiscated two two will there generic baclofen more attractive. % hypercin three plans also also. light of sanitary pad can can safely.

■    幸運な人ヨセフ…結びシリーズも新約27巻が終わり、今回から旧約の結びシリーズです。今日は創世記50章ですが、この章はヤコブの弔いから、その子ヨセフの死までです。ヨセフは、父、またエジプト王パロから寵愛されました。その反面、兄弟たちから多大な労苦を得ました(創世記39章2節、41章51-52節を参照)。主がともにおられることを信じた故に、苦難のなかでヨセフは幸運をつかみました。

■    悪への報いは祝福で… best place for buy cheap generic cialis (tadalafil) and brand cialis online. reliable online pharmacies, compare offers, fast worldwide shipping, quality generic … 不当な仕打ちや苦難に遭遇するとき、ともすると私たちは誰かに“仕返し”をしようという衝動に駆られます。ですからヨセフの兄弟たちは、自分たちの行った仕打ちに対してヨセフが、父ヤコブの死を契機に仕返しをするのでは?と恐れました。それに対してヨセフが語ったのが今日のテキストのみことばです。人は悪に対して悪で報いようとしますが、主は赦しと祝福で報いようとされる方です。パウロも「だれに対してでも、悪に悪を報いることをせず、すべての人が良いと思うことを図りなさい」(ローマ12章17節)と勧めています。

■    恐れからの解放…父ヤコブの死に際して、その死を悼み、悲しんだのはヨセフとエジプトの民でした。ヨセフの兄弟たちは、過去にヨセフに対して犯した過ちゆえに悲しむことよりも恐れにとらわれていました。その兄弟たちを恐れから解放(グリーフケア)したのはヨセフでした。この結果、イスラエルの民の絆は強められ、のちの出エジプトの出来事につながっていきました。それゆえに今、私たちは主を信じる信仰によって一日一日をしっかりと生きる力を得ています。

■    結び…今週も、主が皆さんとともにおられ、恐れが取り除かれ、隣人と喜びと悲しみをともに分かち合う御心が成就するよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ