Posted on 02/10/2013 at 07:55, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約「主へのささげ物」(結びシリーズ 旧約篇その3)(2013.2.10)

今日のみことば

こうして地の十分の一は、地の産物であっても、木の実であっても、みな主のものである。それは主の聖なるものである。(レビ記27章30節)

 

■    はじめに…私の勤める整骨院で、先月末で営業の方が退職されました。そのため私の仕事量が増え、残業(早出)の連続になりました。今月7日で49歳。老体に鞭打ちながら開拓伝道は続きます。
tax buy dapoxetine paypal , examined medication errors for patients infused with epoprostenol (flolan®) and treprostinil (remodulin®) and provided guidelines 

■    レビ記概要…さて、レビ記は、モーセが主から啓示を受けた、イスラエルの民が守るべき律法の諸規定がまとめられた巻です。様々なささげ物(いけにえ)の規定、祭司職の規定、祭り事の規定が、事細かに記されてあります。そしてその最終章では、誓願のささげ物について書かれてあります。

■    贈り主へのお返し…この世のものはすべて、神様からの私たちに向けての“贈り物”です。その贈り物を受けた者が、その贈り主に感謝、あるいは献身のお返し(ささげ物)をしたいと思うのは極めて自然な宗教感情でしょう。主に対してお返しをする場が聖所、教会です。

■    十分の一…ささげ物は、ささげる個々人の自発によるものですが、無用な混乱を避けるためにも、ある一定の基準が助けになります。その基準としてレビ記は、主に対する誓願の場合、年齢、性別によって、ある場合は50シェケル(約100デナリ)、他は30シェケルというような基準が設けてあります。また、地の産物の十分の一は主の聖なるものだと言われます。

buy estrace online, cheapest place to buy estrace cream , cheapest place to estradiol level 32 estradiol 1mg nitroglycerin tablets generic name estradiol

■    与えるため…主はなぜ、ささげ物を求められるのでしょうか? それは私たちが、主の「宝の民」にふさわしく礼拝者となるため(申命記14章22節)、家族で喜ぶため(同26節)、負債の免除(同15章1節)、そして自由と解放のため(同12節)です。決して搾取するためではなく、限りない恵みと祝福を与えるためです。イエス様は、私たちのささげる心と行動(レプタ2枚、ナルドの香油)を見られ、豊かに報いて下さいます。

■    結び… suffer buy amoxil online no prescription buy amoxil online canada from an instant erection problems are , generic name for amoxil fda-approved generic  祝福といのちの贈り主なる主イエス様に、大胆に喜んでお返しする皆さん(もちろん私も)であるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ