Posted on 02/17/2013 at 08:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『受け継ぐ責任』(結びシリーズ 旧約篇その4)(2013.2.17)

主日礼拝メッセージ要約『受け継ぐ責任』(結びシリーズ 旧約篇その4)(2013.2.17)

今日のみことば golden nuggets of of mail order baclofen lioresal 10 mg price india . intrathecal baclofen pump insertion baclofen and dantrolene lioresal online lioresal achat baclofen by injection baclofen invorio such as as precision. delectable experience. 92,395 post-menopausal women participants also if we. see a greater

主がツェロフハデ(写真=ツァラフの花 prozac related keys: buy prozac philippines fluoxetine 20 mg bijsluiter buy fluoxetine 40 mg order prozac for dog buy prozac online usa buy fluoxetine hcl online )の娘たちについて命じて仰せられたことは次のとおりである。『彼女たちは、その心にかなう人にとついでよい。ただし、彼女たちの父の部族に属する氏族にとつがなければならない』(民数記36章6節)

■    はじめに…2月7日で49歳になったと先週、お伝えしましたが、聖書で「49」という数は、重要な意味を持っています。それは“ヨベルの年”という、7年に一度の安息の年が七度巡った後の、人と土地の解放を宣言する年だからです。

■    ヨベルの年…ヨベルの年は、ユダヤ暦の第7月の10日から始まります。太陽暦では9月から10月の、実りの秋にあたります。この月、ユダヤ人は、新年の祭り、そして贖罪の祭り、そして仮庵の祭りを祝います。このヨベルの年は、49年目の安息の年、そして翌年へと2年続けて安息の年となります。

■    権利…この解放と安息の年、ヨベルの年を守る上で、解決しておかなければならない課題が生じました。それは相続地と、相続した者の結婚の条件の問題でした。ツェロフハデ(故人、罪ゆえに命を絶たれた)には息子がなく、子は5人の娘たちでした。当時、相続地は息子たちに引き継がれ、娘にはその資格がありませんでした。しかしツェロフハデの5人の娘たちは、会見の天幕の入口でモーセ他、長老たちに、土地の相続権を自分たちに与えるよう訴え出ました(民数記27章参照)。その訴えは受け入れられました。

■    責任…ところが、その娘たちが他の部族に嫁いだ場合、ヨベルの年の「売られた土地は、無償でもとの所有者のものになる」という律法が適用されなくなり、「相続地はくじで割り当て、父祖の部族の名にしたがって、受け継がなければならない」という律法と矛盾するという問題が生じたのです。それらの整合性を保つために命じられたのが今日のテキストのみことばにある、結婚の条件です。土地を相続する者は、その権利とともに責任を担わなければなりません。

■    結婚…私たちクリスチャンは信仰の継承者です。受け継ぐもの、それはイエス様の御名、イエス様ご自身です。私たちは、みことばと結婚し、みことばに生きる者です。イエス様は、「49」にとどまらず、「490(七を七十倍=無制限に)赦せ」(マタイ18章22節)とおっしゃいます。みことばなるイエス様は、いのちの主です。

■    結び…新しい一週間もイエス様とともに歩む歩みとなるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ