Posted on 04/28/2013 at 17:19, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『心をこめて』(結語シリーズ 旧約篇その13)(2013.4.28)

こうして、民は自分たちのみずから進んでささげた物について喜んだ。彼らは全き心を持ち、みずから進んで主にささげたからである。ダビデ王もまた、大いに喜んだ。(Ⅰ歴代誌29章9節)

 

■    はじめに…2月の終わりからヘルパー講習会に参加して、いよいよ残すところ現場実習2日のみになりました。休日返上での学びで疲れを覚えますが、それを上回る貴重な体験です。

■    グループホームでの実習…先週は認知症のお年寄りが入所するグループホームでの実習でした。入所者の血圧・体温測定(バイタルチェック)にはじまり、掃除をし、紙芝居を読んだり、トイレや食事の介助をしたりしました。去年、認知症の義父と一緒に暮らしたこともあり、抵抗なく認知症の方と接することができたことは幸いでした。2日間の実習でしたが、一人ひとりの名前と顔を覚え、心をこめてコミュニケーションを図れるように努めました。

■    心をこめて…「心をこめて」と言いましたが、これは今日の聖書のテキストの「全き心」と同じ意味です。この逆は、二心(ふたごころ)、あるいは下心と言えるでしょう。何らかの損得勘定が心に影響を及ぼしている状態です。クリスチャン生活は、この二心、下心との戦いと言ってもよいかも知れません。インドで貧しい人のためにその生涯をささげたマザー・テレサが語ったことばを思い出します。「大切なのは、どれだけたくさんのことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」。実習で一番印象に残っているのは、関節が拘縮して体を動かすことも、話をすることもできないHさんの食事介助です。Hさんの目を見て、声かけをしてスプーンに刻み食を載せて口に近づけると、口を開けて食べてくれました。

buy cheap dapoxetine online . better internet pharmacy. dapoxetine is used as a treatment for premature ejaculation. buy dapoxetine online uk.

■    喜びの連鎖… propecia natural alternative acquire propecia 全き心、損得勘定なし、見返りの期待なしにささげた行為は、喜びの連鎖を呼び起こします。これは御霊の働きです。ダビデ、ソロモンに託された神の家の建設も、この御霊によって始められました(Ⅰ歴代誌28章12節)。

■    結び… where to buy female cialis. female cialis cheap. drug female cialis online purchase. female cialis in bangkok. find female cialis without prescription. 主が備えてくださっている新しい一週間、その中での一つひとつの出来事、一人ひとりとの出会いに心を込めて接することができるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ