Posted on 05/19/2013 at 19:51, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『城壁再建-喜びへのステップ』(結語シリーズ 旧約篇その16)(2013.5.19)

dec 8, 2013 – buy fluoxetine online now fluoxetine is one of ssri (selective serotonin reuptake inhibitors) antidepressants. the medication is used  しかし、私たちの神はそののろいを祝福に変えられた。(ネヘミヤ13章2節b)

buy female viagra online in safe online pharmacy. cheap prices and high

 

■    はじめに…今日はペンテコステ。クリスチャンにとっては聖霊が降られた記念日で、教会の誕生日です(使徒の働き2章)。ユダヤ教徒にとってはモーセがシナイ山頂で主から十誡を授けられた日として覚えられています(出エジプト19章)。いずれにしても大切な日であり、喜ばしい日です。

buy estrace online, ethinyl estradiol levonorgestrel generic names, estrace gel in myanmar generic pill buy 17 alpha ethinyl estradiol d4 hemihidrato vs ■    みこころと祈り…さて、今日の聖書のテキストはネヘミヤ記。ペルシヤ王宮で献酌官として仕えていたネヘミヤが、エルサレムの城壁を52日間という短い期間で再建するという偉業をなした記録です。これはネヘミヤの人間的な優れた能力によって出来たことではなく、ネヘミヤの切なる祈りと、神の働きかけによるものでした(ネヘミヤ2章12節)。みこころに適った祈りは、とてつもなく大きな力を発揮することが分かります。

■    祈り、そして収穫…ネヘミヤ記を始めから終わりまで概観してみると、気づかされることがあります。それはユダヤ暦の「キスレウの月」(太陽暦の11-12月)から始まり、「第七の月」(太陽暦の9-10月)にかけての記録だということが分かります。つまりキリスト降誕(ハヌカ)から収穫感謝(仮庵の祭)です。その間、ニサンの月(過越の祭、すなわち十字架と復活)にネヘミヤは城壁再建のための具体的な準備をしはじめ、(城壁完成日から逆算すると)アブの月(太陽暦の7-8月)から城壁再建に取り掛かりエルルの月(太陽暦の8-9月)に城壁を完成させました。ペンテコステの日は、その準備の真っ只中でした。祈り-聖霊-力-収穫という構図がくっきりと浮かび上がってきます。

■    喜ぶ力…すべては主への祈りから始まり、その祈りによって聖霊が働き、力となってみこころが成就します。そして、みこころが成就するところに主への感謝と喜びが溢れます。「主を喜ぶことは、あなたがたの力である」(ネヘミヤ8章10節別訳)。

■    結び…ペンテコステから始まる新しい一週間、主に祈り、聖霊の働きに期待して、共に主を喜ぶ一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ