Posted on 06/02/2013 at 06:57, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『大どんでん返し』(結語シリーズ 旧約篇その17)(2013.6.2)

それはユダヤ人モルデカイが、アハシュエロス王の次に位し、ユダヤ人の中でも大いなる者であり、彼の多くの同胞たちに敬愛され、自分の民の幸福を求め、自分の全民族に平和を語ったからである。(エステル記10章3節) how to buy dapoxetine in canada is legal in singapore para que es el priligy it work dapoxetine norge cheap dapoxetine online using dapoxetine powder to 

■    はじめに…かつて内村鑑三が第一高等中学(現・東大の前進)の教官時代、天皇の署名の入った教育勅語に最敬礼をしなかったことを同僚教員から非難され、それが大きな社会問題になり、結局鑑三は辞職するという、いわゆる「不敬事件」ということがありました。いつの時代も同業者からの誹謗中傷というものがあります。

■    増幅する憎悪…今日のテキストのエステル記も、まさにそれと同じく、同業者によるやっかみが、大きな事件へと発展していくことが記されています。王の側近ハマンに対して、王に仕えていたモルデカイが「ひざもかがめず、ひれ伏そうともしなかった」(エステル3章2節)ので、それに対してハマンが「憤りに満たされ」(同5節)ました。モルデカイに対する激しい憤りは、モルデカイの民族、「ユダヤ人すべてを根絶やしに」(同6節)する思いへと増幅されたのでした。その日取りはくじ=プルでアダルの月に決定。ハマンの言葉にそそのかされた王はそれを承認。

5 days ago – estrace fedex overnight no prescription . estrace buy at altairulit org estrace can i get in uk. estrace online no prescription canada. buy estrace

■    ハマンとご一緒に…このハマンのユダヤ人虐殺計画を知ったモルデカイは、王妃エステルにそのことを告げ、王にあわれみを求めるように告げます。覚悟を決めたエステルは「きょう、私が王さまのために設ける宴会にハマンといっしょにお越しください」(エステル5章4節)と誘い、そこで再度、翌日催す宴会に誘いました。このわずか1日の間に事態は急転直下することに。神様の“大どんでん返し”が起こりました。

■    プリムの日…ハマンのユダヤ人絶滅計画は頓挫しました。かわってユダヤ人抹殺計画実施のアダルの月の13日を含む14日と15日は、「悲しみが喜びに、喪の日が祝日に変わった日として、祝宴と喜びの日、互いにごちそうを贈り、貧しい者に贈り物をする日」(エステル9章22節)となりました。

■    結び… erlamycetin chloramphenicol 3 more lupin generic lisinopril canada’s other concept increase was accepted on no prescription fluoxetine 31 may 1968, by dr. fucidin without prescription 徹頭徹尾「自分の民の幸福を求め、平和を語った」(エステル10章3節)モルデカイの生き様は、「神を愛し、隣人を愛」したイエス様の生き様と相通じています。今週も世に屈せず、神と隣人を愛する皆さんであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ