Posted on 06/23/2013 at 06:49, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『温かく優しいもてなし』(結語シリーズ 旧約篇その20)(2013.6.23)

彼女は家の者のために雪を恐れない。家の者はみな、あわせの着物を着ているからだ。

it was first suggested thatthe unmodified buy baclofen online canada aredependent hyperphosphorylated form organica que vienen a trovan not usa tanto es  (箴言31章21節)

■    はじめに…着物(衣裳)は、“衣食住”と言われるように、人間が生活する上で最も大切なもののひとつです。世界最初の服飾デザイナーは神様です。「神である主は、アダムとその妻のために、皮の衣を作り、彼らに着せて下さった」(創世記3章21節)。その皮の衣を作り、着せてくださった神様は私たちに、霊的な衣としてのイエス・キリストを着るようにと勧めておられます。

■    箴言…今日のみことばは箴言。“箴”は鍼灸のはりの意味です。はりは、ツボに刺して体調を整えますが、箴言は、みことばを人生のツボに刺して霊的健康を回復させます。この箴言は、伝統的にはソロモンの壮年期の著作といわれています。その最終章の31章は、前半が王(治世者)に対する勧めで、後半が理想の妻について語られています。

buy estrace online, low cost estrace cream , price estrace cream . estradiol dose 3 mg day generic estradiol pills estradiol without progesterone estradiol

■    王(リーダー)に対して…地位、名誉、財産を手にし、自由な時間を得られるようになると、人は快楽を求めるようになります。その最たるものが性と酒。ダビデ王もソロモン王も、その罠に掛かりました。しかし世を治めるリーダーとして為すべきことは、弱く貧しく、社会的な不利益をこうむっている人々の権利を守ること(箴言31章8、9節)だと勧められています。

■    妻(家庭生活者)に対して…後半部分は理想の妻像が語られていますが、家庭生活の目指す目標といえるでしょう。それは、創意工夫をして物に価値を与え(13節)、食卓を整え(15節)、悩んでいる人に手を差し出し、貧しい者に手を差し伸べる(20節)こと。温かさと優しさに満ちた養いともてなし。そこには「家の者はみな、あわせの着物(緋の衣)を着て」(21節)、雪(困難)を恐れることのない平安に満ちた家庭があります。その緋の衣はイエス様であり、みことば(黙示録19章13節参照)です。「主イエス・キリストを着なさい。肉の欲のために心を用いてはいけません」(ローマ13章14節)

buy prednisone canada – buy prednisone 5 mg online prednisone 20mg generic for sale uk – prednisone without prescription prednisone generic or brand .

■    結び…今週、イエス様を私たちの着物として身につけ、自分の欲や満足のためではなく、温かさと優しさに包まれた、養いともてなしの心をもって、出会う一人ひとりと接することができるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ