Posted on 07/07/2013 at 03:56, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『私の愛する方よ。急いでください』(結語シリーズ 旧約篇その22)(2013.7.7)

私の愛する方よ。急いでください。香料の山々の上のかもしかや、若い鹿のようになってください。(雅歌8章14節)

■    はじめに…雅歌は、伝統的にソロモンの青年期の著作と言われています。またエステル記同様、神の名が記されていないこと、男女(花婿と花嫁)の愛が主題になっているなどの特殊性のため、エステル記、伝道の書とともに紀元後に聖典の中に入れられました。この雅歌から私たちクリスチャンは、どのようなメッセージを受け取ることができるでしょうか?

16 feb 2013 … atarax 100mg notice – free worldwide shipping – discount and bonuses sistem – comfortable and safe way of buying online. atarax 100mg… generic atarax buy fluoxetine online and receive cheap fluoxetine after finding a great fluoxetine price from your online canadian pharmacy. find out fluoxetine side effects  ■    神(真実)の愛…愛には、いろいろな種類の愛があります。男女の愛、兄弟愛、家族愛、神の愛。聖書は、神様からの愛の手紙(ラブレター)だと言われるほど、愛に満ちています。そして愛することを勧めています。結婚式の司式で必ず朗読するエペソ書には「夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自身をささげられたように、あなたがたも、自分の妻を愛しなさい」とあるように、愛のモデルとして、花婿キリストの花嫁なる教会に対する愛として記されています。また“愛の賛歌”と呼ばれるⅠコリント13章では「愛は決して絶えることがありません」「いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です」。その他「愛のうちに歩みなさい」「互いに愛し合いなさい」…。

■    人(世)の愛…神の愛は永続的ですが、それに対して、人の愛はたいてい一時的、一過性の愛です。“初めの愛から離れ”(黙示録2章4節)、 “なまぬるい”(黙示録3章16節)と言われる愛なのです。クリスチャンであっても、最初、イエス様を信じたときの信仰、そして隣人に対する愛がいつの間にか冷めてしまいます。放置されたやかんの中の熱湯のように、です。では初めの愛に帰るにはどうしたら良いのでしょうか?

■    主よ、来てください…イエス様に私たちの心の王座に着いていただくとき、私たちは再び、聖霊の感動に溢れた初めの熱い愛に帰ることができます。それゆえ、私たちは「私の愛する方よ。急いでください」「主よ、来てください」と叫び祈ります。

■    結び…新しい週、私たちの心の戸をノックしておられる主を、内にお迎えして、愛をもって一歩を歩み出せるよう、祝福して祈ります。

24/7 customer support – buy female viagra australia. but be cautious, purchase

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ