Posted on 07/28/2013 at 05:03, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『ああ、悲しいかな』(結語シリーズ 旧約篇その25)(2013.7.28)

主よ。あなたのみもとに帰らせてください。私たちは帰りたいのです。私たちの日を昔のように新しくしてください。(哀歌5章21節) buy estrace online , buy gestodene ethinyl estradiol in india, cheapest place to buy estrace cream .

■    はじめに…今日は、ユダヤ暦に変換するとアブの21日です。二十六世紀前のアブの月の9日、バビロンによってエルサレム神殿が破壊され、ユダヤ人はバビロン捕囚の憂き目に遭いました。このことを記念としてユダヤ人は、この夏の時期、毎年アブの9日に断食をします。そのときに朗読されるのが哀歌です。

■    エレミヤ哀歌…哀歌はヘブライ語ではエーカー(読みようによってはアイカと読めます)で、「ああ、悲しいかな」という意味です。預言者エレミヤが、聖なる都エルサレムが破壊され、荒廃した様を目の当たりにして、くずおれて嘆き悲しんで歌ったと言われています。
atarax online, atarax 50 mg, order atarax online, generic atarax, atarax 10mg tablets, atarax hydroxyzine, buy hydroxyzine.

■    帰りたい…この歌の終わりに、「みもとに帰らせてください」(哀歌5章21節)と叫んでいます。これはバビロン捕囚からの帰還を意味するだけではなく、信仰的、霊的に主との関係回復を切望する叫びでしょう。かつて日本では、父親が聞き分けのない自分の子どもに対して「勘当だっ! 出て行けっ!」と親子の縁を切るということがありました。その関係を修復するためには父親の許しがなければならないように、主のもとに帰りたい意思があっても、帰るための主導権は主の側にあります。

■    十字架の叫び… online meds rx deltasone, deltasone without prescription us pharmacy, deltasone online pharmacies worldwide delivery, prednisone 40 mg purchase canada ,  「あなたはほんとうに、私たちを退けられるのですか。きわみまで私たちを怒られるのですか」(哀歌5章22節)と叫んで、哀歌は終わります。これはイエス様の十字架での絶叫「わが神、わが神、なぜ私をお見捨てになったのですか」(マルコ15章34節)に通じるものがあります。

■    不条理のただ中で…しかし、このイエス様の十字架での絶叫の後、「神殿の幕が上から下まで真っ二つに裂けた」(マルコ15章38節)と聖書は証言しています。つまりこの時以来、主と私たちとの霊的通路が完全に開かれたのです。究極の不条理のただ中での叫び、祈りが、主のみもとに帰る通路を開くのです。悲しんでいいのです。

■    結び…理不尽な苦難の中で、嘆き悲しむ者を主がふところに抱いて下さることを信じ、祝福します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ