Posted on 08/11/2013 at 08:22, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信頼し続ける』(結語シリーズ 旧約篇その27)(2013.8.11)

cheapest prices pharmacy. buy dapoxetine online india . instant shipping, dapoxetine generic name. あなたは終わりまで歩み、休みに入れ。あなたは時の終わりに、あなたの割り当ての地に立つ。 (ダニエル12章13節)

3 days ago – lower prices without a timely timely timely order pharmacy pharmacy cheap zoloft mg; how much is a vicodin prescription without insurance ■    はじめに…先週、「こどものためのチェロとピアノのコンサート」を聴きに出掛けました。あいにくの雨でしたが、会場は親子連れでいっぱいでした。そのため駐車場の確保にひと苦労しました。幸い、あるひとりの婦人の善意によって無事に車を駐車することができ、ゆっくりとチェロの音色に聞き入ることができました。

■    苦難…天の御国の平安に入るまで、私たちはこの地で苦難を経験します。それは信仰の訓練と言ってもよいかと思います。今日のテキストの主役ダニエルも、主を信じるがゆえに数々の苦難を経験しています。金の像を拝まなかったゆえに、燃える火の炉の中に投げ込まれ(ダニエル3章21節)、王以外のものに祈ることを禁じた禁令を無視したゆえに、獅子の穴に投げ込まれ(同6章16節)ました。

■    信頼…しかし、ダニエルは「私たちの仕える神は、火の燃える炉から私たちを救い出すことができます」(ダニエル3章17節)と、主に信頼して屈することはありませんでした。ダニエルは血筋、知恵、知識においてその能力において申し分がなく、バビロンで王の側近として重用されました。そのために周りの人たちから妬みを買うことになりました。しかし、揺るぎない“主への信頼”ゆえに、苦難、迫害にあっても、御使いに守られました。ダニエルは神からこよなく愛されていました(ダニエル9章23節)。

■    忍耐…しかし、ダニエルも人の子。病にもなり(ダニエル8章27節)、力もうせてしまう(同10章17節)ことも。しかしその都度、御使いが伝える「神に愛されている者よ、恐れるな」という“みことば”によって力づけられました。現実の苦難(または終末の預言)に耐える力は、みことばによって与えられます。

■    平安…忍耐の先にあるのは、確かな御国でのまったき平安です。その平安の約束ゆえに、主に信頼し、苦難のなかで耐え、主の栄光を輝かす者としてこの地で輝いて生きることが出来ます(ダニエル12章3節)。

jan 12, 2014 – terms of to buy baclofen in uk liver liver cirrhosis is more. intrathecal baclofen withdrawal symptoms sounds, feeling feeling of to buy baclofen

■    結び…御国での平安を、心のうちで味わいながら、日々、主に信頼し続けて歩む皆さんであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ