Posted on 08/18/2013 at 07:54, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『命に満ちた糸杉』(結語シリーズ 旧約篇その28)(2013.8.18)

ああエフライム/なおも、わたしを偶像と比べるのか。彼の求めにこたえ/彼を見守るのはわたしではないか。わたしは命に満ちた糸杉。あなたは、わたしによって実を結ぶ。

 (ホセア14章9節・新共同訳) libido … the apps, and modifications. buy cialis online cialis long term side effects

■    はじめに…先週、『少年H』という映画を観てきました。ときは太平洋戦争に進みゆかんとする日本。神戸に住む洋服の仕立てを生業とする、クリスチャンホーム4人家族。時代に風に翻弄されながらも、したたかに生き抜き、戦争の惨禍から力強く再び立ち上がっていくという実話に基づいたストーリー。クリスチャンとして深く考えさせられる映画でした。

■    不幸な結婚生活のなかで…さて、今日のテキストはホセア書。ホセアは、北イスラエル王国が滅亡する直前(前721年頃)まで預言者として活動しました。妻ゴメルが不貞を働くという悲劇的な出来事のなかにあってもなお、妻への深い愛情を持ち続けました。その自らの結婚生活を通して、父なる神のイスラエルに対する愛を語り、主の救いの希望の預言を語りました。

■    やられたらやり返す?…人の心には「やられたらやり返す」という衝動が潜んでいます。それで律法では「目には目、歯には歯」(出エジプト21章24節他)と、行き過ぎた報復に歯止めをかけています。しかし、イエス様は「右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい(…)敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」(マタイ5章39-44節)とおっしゃいました。イエス様の歩みは、十字架の極みに至るまで、愛と祈りでした。

purchase discount medication! generic doxycycline walmart . free delivery, generic doxycycline capsules. ■    二つの生命…私たちの心のうちにはエゴイズムとイエス様(みことば)が働いています。エゴイズムは限りある命(ビオス)でその結末は死です。反対にイエス様(みことば)は永遠のいのち(ゾーエー)です。

■    命に満ちた糸杉…主は、ホセアの口を通して「わたしは命に満ちた糸杉」とおっしゃっています。また、イエス様はご自身を「ぶどうの木」とおっしゃいました。主につながっているとき、私たちは命の実を結びます。

order zithromax for chlamydia order zithromax ■    結び…新しい週、皆さんが主につながって命の実を結ぶよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ