Posted on 08/25/2013 at 17:57, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『私には夢がある』(結語シリーズ 旧約篇その29)(2013.8.25)

cialis online – buy cialis this drug helps to restore a normal functioning of male genital system and increase erection in men. sublingual cialis is a generic form of …

buy dapoxetine with paypal – save money when ordering from our pharmacy. most trusted drugstore on the web welcomes you. cheap effective drugs that  主はシオンに住む。(ヨエル3章21節)

■    はじめに…朝、職場に向かう途中の中学校の校舎の壁に“夢に向かって走れ”というスローガンが掲げてありました。現代の青少年が抱く夢は、どんな夢でしょうか。

■    ヨエル書概観…今日のテキストはヨエル書。全体で三章という短い預言書です。いなごによる災害の出来事から終わりの日の審判について語り、主に立ち返る勧め、最後に回復と祝福の預言という構成になっています。

■    夢…その2章28-29節に“夢”が出てきます。「わたしの霊をすべての人に注ぐ。(…)息子や娘は預言し、年寄りは夢を見(…)」。このみことばは、新約の使徒の働き2書17節で、聖霊降臨の出来事の際、ペテロが聴衆に語っています。かつてキング牧師が自由を求める『ワシントン大行進』と呼ばれるデモのなかで「私には夢がある」という演説をしました。「奴隷の息子たちと奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつく夢、肌の色ではなく、人格で評価される夢、黒人の少年少女が、白人の少年少女と、兄弟姉妹として手をつなぐようになる夢(…)」

■    シオンに住む…私たちは信仰者として、どんな夢を見、語ることができるでしょうか? やはり私たちは主と共にシオン=御国(天国)に住まう夢を見続け、語り続けたいと思います。人の思いから出る夢はにんべんに夢と書くように儚(はかな)いものですが、御霊から来る夢は、必ず成就する“霊夢”でしょう。今なお原発事故の悪夢が続く日本ですが、目の前の現象ではなく、主を目の前に置く(使徒2章25節、詩篇16篇8節)とき、心のなかにエデンの園が回復した揺るがないビジョンを見ることができます。私たちの心のなかに主が住まわれ、語られ、祝福して下さいます。そこからいのちが泉のように湧き上がってきます。

buy baclofen online, price for baclofen , baclofen price in the philippines.

■    結び…今週一週間、私たちに聖霊を注ぎ、夢を与え、いのちを与えて下さるイエス様のみことばに耳を傾けられるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ