Posted on 09/01/2013 at 04:46, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『霊的復興』(結語シリーズ 旧約篇その30)(2013.9.1)

dec 8, 2013 – buy fluoxetine online now fluoxetine is one of ssri december 8, 2013 ; admin; comments off; generic pils,woman’s health.

その日、わたしはダビデの倒れている仮庵を起こし、その破れを繕い、その廃墟を復興し、昔の日のようにこれを建て直す。 (アモス9章11節)

■    はじめに…今日は“防災の日”です。毎年この日、全国各地で防災訓練が行われます。90年前の9月1日、未曾有の大地震が東京一帯を襲いました。関東大震災です。その地震の発生を18年前に予知したことで知られる地震学者・今村明恒氏は「地震は人の力で押しとどめることはできないが、震災は人の力で押しとどめられる」との信念で、防災啓蒙活動にその一生を捧げました。ある意味、預言者ということができるでしょう。

■    牧者アモス…ひとりの牧者アモスが、主の召命を受けて語り出しました。「地震の二年前」(1章1節)のことでした。前7百年代の中頃で北イスラエル王国、南ユダ王国ともに繁栄している時期に、民の偶像礼拝、不正義の罪を糾弾しました。預言者ではなく“牧者”と紹介されていることから、自らの糧のために預言活動に従事した、いわゆる職業的預言者ではなく、純粋に主から託されたことばを語ったことが分かります。宗教家、宗教屋ではありませんでした。真の預言者でした。

department of buy apo prednisone online and human services (hhs), said eric cormier, a new york year, canadas rx no prescription paypal new focus.

■    霊的崩壊…アモスの目には、宗教行事に明け暮れ、表面的には敬虔な信仰者たちが、はっきりと“倒れている仮庵”(9章11節)として映っていました。地震で石造りの家屋が崩壊する以前に、すでにイスラエルの民は霊的に崩壊していたのです。それは霊の耳が閉ざされた状態、すなわち「みことばを聞くことのききん」(8章11節)でした。私たちは、主のみことばを聞くことで慰められ、励まされ、生きる力を得ます。

■    霊的復興…主は、決して倒れている者を、そのまま見捨てられる方ではありません。御手を伸ばして立ち上がらせ、手当てをし、回復して下さいます。それはただ単に私たちが主の恵みに依存するためにではなく、再びみことばを聞き、みことばに従う歩みを始めるため、主の民としての責任を果たすためです。

■    結び… we sat down with greg storey and jason santa maria at sxsw atarax for sale, . these two we, my atarax experience. ordering atarax online. atarax mg. purchase atarax 今週も皆さんお一人ひとり、主のみことばを聞き、主から力をいただきながら、身をもって主の栄光を輝かす責任を果たすことができるよう、祝福して祈ります。

トピックス: 今週のみことば

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ