Posted on 09/08/2013 at 06:32, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『躍動する教会』(結語シリーズ 旧約篇その31)(2013.9.8)

救う者たちは、エサウの山をさばくために、シオンの山に上り、王権は主のものとなる。 patent expiration, drug companies have demonstrated an increased interest in the uk market development after the entry of generic fluoxetine is similar to 

 (オバデヤ21節)

dapoxetine online nz dapoxetine shipped from canada. men’s health. free delivery , diners, dental whitening, female enhancement.

■    はじめに…2020年の「東京オリンピック」開催が決定しました。「『東京は躍動感に満ちあふれる』と語る映像が流された」(産経新聞)と報じられました。1964年の東京オリンピックの年に生まれた私としては、開催決定は素直に嬉しく思います。ただ、開催国としての責任を一市民として果たしていくのかを熟慮する必要があります。

■    最小の書…今日のテキストはオバデヤ書。旧約聖書のなかで最小の書。だからといって一部の神学者がいうような「オバデヤは、旧約聖書のなかで最小の預言者」ということはできません。むしろこの小さき者が聖書に取り上げられていることの意味が大切です。

■    エドム…オバデヤの預言は、エドム(エサウの子孫)に対する厳しいさばきに終始しています。それは兄弟ヤコブに対する冷淡な仕打ち(暴虐と傍観)のゆえです。(ただ創世記を見ると、エサウは冷淡な人間ではなく、きわめて自分の気持ちに正直で、人間味のある人として描かれています。)

■    主にある兄弟…オバデヤ書は「さばきの根本原理」を示している点で価値があります。しかし、このことは真理の半分です。残りの半分の真理を知るために、他の旧約、そして新約の光を照らす必要があります。“兄弟”に対して詩篇では「見よ、兄弟が和合して共におるのはいかに麗しく楽しいことであろう」(詩篇133篇1節、口語訳)と記しています。その兄弟が真に和合するためには、接着剤が必要で、それを新約で使徒パウロは「キリストこそ私たちの平和であり、二つのものを一つにし、隔ての壁を打ちこわし…」(エペソ2章14節)と、イエス様が人間の争いと不和を取り除き、主にある兄弟にすると語っています。

■    赦しと贈与…主イエス様のさばきは、罪に定めることではなく、徹底した赦しです。それと贈与です(ルカ6章37-38節)。王権は主のもの。主の主権のなかでのみ、私たちは共に躍動して生きることができるのです。赦しと贈与、これが躍動する教会の姿です。

■    結び… buy baclofen cheap fast shipping, purchase baclofen generic uk , winnipeg, atlanta, richmond, online order baclofen generic overnight delivery, cheapest buy 新しい一週間、私たちの歩みが赦しと贈与で躍動する歩みとなるよう祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ