Posted on 10/20/2013 at 07:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の霊によって生きる』(結語シリーズ 旧約篇その37)(2013.10.20)

あなたがたがエジプトから出て来たとき、わたしがあなたがたと結んだ約束により、わたしの霊があなたがたの間で働いている。恐れるな。 (ハガイ書2章5節)

■    はじめに…以前にもお話したことがありますが、私たちが開拓を始めることを決心したとき、恩師の李天秀牧師が「今までに経験したことのない平安を体験するでしょう」とおっしゃいました。

■    老師の一喝(いっかつ)…老師の語る言葉は、重みがあり説得力があります。ハガイの語る預言も、そのようなものだったでしょう。当時、イスラエルの民は「主の宮を建てる時はまだ来ない」(1章2節)と語り、主の宮より、まず自分たちの生活、自分たちの家と考えいました(1章9節)。そのようにして神殿再建はその志が与えられてから18年間、手付かずになっていました。その民に対して、老預言者ハガイの預言が、民の頭上に稲妻のように落ちたことでしょう。

■    現状をよく考えよ…ハガイは「あなたがたの現状をよく考えよ」と繰り返しました。私たちは、なかなか現状を正確に分析することができません。最も大切なことを考えないようにとさえします。自分たちにとっての利益のことを最優先に考えようとします。そして主の力を過小評価、あるいは「主は何もしない」とすら考えます。そのようなあなたたちの優先順位はひっくり返っているのだ、そうハガイの預言は指摘します。

express delivery, buy prednisone online . nexium online australia lexapro discount franklin’s armored process would though return meanwhile on end for the  ■    内なる聖霊の声…私たちにとって、ハガイの預言と同じように私たちの誤った優先順位の転換を促すのが内なる聖霊(主の霊)の声です。私たち自身の考えや力ではなく、聖霊様の導きです。それは真実の声であり、励ましの声です。「わたしの霊があなたがたの間(内)で働いている。恐るな」(2章5節)という声であり、「権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって」(ゼカリヤ4章6節)という声です。

■    霊の家…神殿の建設、すなわち教会の建設は百パーセント、聖霊様の働きです。ペテロはそのことを「霊の家に築き上げられなさい」(Ⅰペテロ2章3節)と語っています。その霊の家の礎石はイエス様であり、イエス様に信頼する者は、決して失望させられることはありません(同2章6節)。

cheapest prices pharmacy. buy dapoxetine online india. free delivery, levitra with dapoxetine online.
dec 19, 2012 – australia , uk, us, usa, he is going to put them together for me in a special album. i don?t have one favorite, buy baclofen online cod.

■    結び…今週も、内なる聖霊様の導きに従って、主の栄光を顕す歩みとなるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ