Posted on 11/03/2013 at 19:31, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『十字架-のろいと祝福の交換』(結語シリーズ 旧約篇その39)(2013.11.3)

fluoxetine is used to treat depression or obsessive-compulsive disorder in adults . your doctor may occasionally change your dose to make sure you get the best ask your doctor before taking fluoxetine with a sleeping order fucidin pain

彼は、父の心を子に向けさせ、子の心をその父に向けさせる。それは、わたしが来て、のろいでこの地を打ち滅ぼさないためだ。 (マラキ書4章6節)

■    はじめに… de venta en el peru buy dapoxetine 60mg mastercard liquid dapoxetine dose price in malaysia dapoxetine online purchase in india near to bangalore . obat el 先週火曜日、月例の聖霊集会を開催し「主日」をテーマした学びをしました。すべての生業から解放され、人間性(霊性)を回復し、また、世の微妙な変化を敏感にキャッチする信仰生活の要(かなめ)となるものが「主日」だということをあらためて覚えました。

■    旧約の結語…さて、今日はマラキ書の結びのみことば。旧約全体の結語でもあります。この後のみことばは新約のマタイのみことばになります。旧約と新約の橋渡しとなる意義深いみことばと言えます。

■    預言者エリヤ…「彼」とは前節の預言者エリヤですが、イスラエル最悪の王アハブの治世におけるイスラエル最大の預言者と称される人物です。国をあげて偶像礼拝を捧げるなかで、一人敢然と「私の仕えているイスラエルの神、主は生きておられる」(Ⅰ列王17章1節)と主に信頼して立ち向かって行きました。またエリヤは主の「かすかな細い声」(Ⅰ列王19章12節)を聞き取る霊の耳を持っていました。このエリヤの再来としてバプテスマのヨハネが「荒野で叫ぶ者の声」(マタイ3章3節)として遣わされ、救い主イエス様をあかししました。イエス様は「ことばが人となって、私たちの間に住まわれた」(ヨハネ1章14節)方です。

nov 29, 2014 – where can i buy prednisone for dogs you can order prednisone at trusted online pharmacy! starting at buy prednisone online canada .

■    のろいと祝福…「のろい」とはみことば(の力)からの離反です(創世記3章17節、4章11節)。主イエス様は、十字架にお掛かりになられ「のろい」をご自身の身に負われ、私たちを「のろい」から贖い出し、聖霊によって祝福を与えてくださっています(ガラテヤ3章13、14節)。イエス様は、十字架によって、「のろい」と祝福を交換してくださったのです。神の子ども(ガラテヤ3章26節)としてくださり、「アバ、父」(同6節)と呼ぶ者としてくださったのです。

■    結び…今週も、十字架にお掛かりになり、「のろい」を祝福にかえてくださった主イエス様の御顔を仰ぎつつ歩む一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ