Posted on 11/17/2013 at 16:28, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信仰の旅』(2013.11.17)

その後、主はアブラムに仰せられた。「あなたは、あなたの生まれ故郷、あなたの父の家を出て、わたしが示す地へ行きなさい。 (創世記12章1節)

fluoxetine retail price . choose branded ed solution. can i buy fluoxetine, best site to purchase fluoxetine hydrochloride.
■    はじめに… order atarax, purchase atarax, where to buy atarax, atarax tablets 25mg, atarax 10mg tablets, hydroxyzine pam, order hydroxyzine. generic atarax 先主日は、いとすぎキリスト教会の献堂感謝礼拝でした。会堂は会衆で溢れ(と言いましても16席ですが)、主の栄光で満ちました。川内先生が「クリスチャンの喜びは世のシャボン玉のように消えてしまい、悲しみに変わってしまうような、はかない喜びではなく、①罪からの救いの喜び、②永遠の生命の喜び、③御国の市民権が与えられている喜びです」と、キリストにある真の喜びの使信を伝えて下さり、感謝でした。

■    御声…アドベントに先立って、今一度開拓の歩みを振り返ってみたいと思います。韓国滞在中に「教会の名は“いとすぎ”」という御声を聞き、日本に帰国し東京の教会に赴任。ところが1年を待たずして「名古屋に教会を立てなさい」と言う御声を聞き、愛知の実家に帰郷。しばらく名古屋オンヌリ教会の礼拝に出席。その間に仕事探し。ナイナイづくしの生活でした。あったのは主の与えて下さった開拓の約束への信頼だけでした。そして祈りと礼拝。そんな中で最初の開拓拠点の借家が与えられ、それから3年半後、自前の会堂が与えられたのです。

■    愚直さ、無垢な心…信仰の父と称されるアブラム(アブラハム)。「わたしが示す地へ行きなさい」という主の御声を聞き、住み慣れた故郷(生き方)を後にしました。異邦の地、前人未到の領域へ歩み出したのです。御声は、はっきりとした音節を伴い、意味の分かる言葉ではありません。心の奥底に響いて来る霊感“霊の感動”です。その霊の感動に信頼して、突き動かれて信仰の歩みは始まります。知識、理性、過去の経験では絶対に信仰の一歩は出ません。主に対する愚直さ、幼な子のような無垢(むく)な心が必要です。逆に言えば、それさえあればOKということです。愚直さと無垢な心という信仰の帆が、聖霊の風をいっぱいに受け、神の国に向けての旅が始まります。

order viagra online without prescription. generic viagra 25, 50, 100, 130mg. safe & secure order processing. free worldwide shipping.

■    困難の先にあるもの…旅には思いがけなない想定外の出来事、困難(今日のテキストではききんと争い)が伴います。しかし主の祭壇を築き、主の御名で祈るとき、主の導きと祝福があります。

■    結び…今週一週間、いとすぎの信仰の船旅をともに楽しむことが出来ますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ