Posted on 12/01/2013 at 08:44, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『油注がれて』(2013.12.1)

主日礼拝メッセージ要約『油注がれて』(2013.12.1)

御霊を消してはなりません。 (Ⅰテサロニケ5章19節)

■    はじめに…先週火曜日に「特定秘密保護法案」が衆議院を通過しました。この法案に反対する学者の会が声明を発表するなど、批判が高まっています。賛否両論ありますが、聖書は「あかりを持って来るのは、枡(ます)の下や寝台の下に置くためでしょうか」(マルコ4章21節)と、すべては明らかにされることを指摘しています。

■    ハヌカー…この季節は、冬至に向かって、夜が長くもっとも闇の深い時期です。この時に、救い主イエス様の誕生を祝うアドベント(=エピファネイア、顕現)がやって来ることは意義深いことです。また、とき同じくして私たちキリスト者の隣人なるユダヤ教徒の方たちはハヌカーという祝祭をします。“ユダヤ教のクリスマス”と言われたりします。ギリシアのゼウス神に支配されていた神殿を奪還し、再び主に奉献したことを記念する行事です。神殿を照らす油がわずか1日分しか残っていなかったにもかかわらず8日間、火を灯し続けたという故事にちなんで8枝(9枝)の燭台ハヌキヤにひとつずつ火を灯していきます。

buy cialis online from an official certified pharmacy, overnight shipping, exclusive & competitive discount prices, express shipping & discrete packaging.

■    アドベント…同じように私たちはクリスマス・クランツに4本(5本)のローソクを立てて、アドベントの主日毎に1本ずつ明かりを灯していきます。今日はその1本目で「アブラハムのキャンドル」です。主の約束を信じて信仰の歩みを始めた“信仰の父”ゆえに、約束の成就としてのイエス様の誕生へと引き継がれてきたことを想起するキャンドルです。

buy viagra at most reasonable price. online pharmacy. lowest prices. order the cheapest medications. discount viagra ■    救い主イエス・キリスト…「光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった」「すべての人を照らすまことの光が世に来ようとしていた」(ヨハネ1章5、9節)と聖書はキリストなるイエス様の誕生を記しています。キリスト=メシヤは油注がれた者の意で、聖別された王、預言者、祭司として任命された証しです。

■    結び…私たちのうちにイエス様がお生まれになられます。私たちも聖霊の油を注がれて、神の子ども、光の子どもとして歩むように勧められています。そして「御霊を消してはなりません」(Ⅰテサロニケ5章19節)。油は無くなりません。その9つの実(ガラテヤ5章22、23節)を豊かに結び、世の光として闇を照らす使命を果たせるよう、祝福して祈ります。

order dapoxetine no prescription canada, cheap dapoxetine 90 mg pills , buy dapoxetine 60 online using paypal, dapoxetine online, ordering dapoxetine 30 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ