Posted on 12/15/2013 at 05:02, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の道をまっすぐに』(2013.12.15)

best prices for all customers! buy dapoxetine eu. top offering, dapoxetine online india. buy baclofen 25 canada prescription discount prices cheap baclofen free buy generic baclofen online australia discounts buy generic baclofen 25 mg 

彼は言った。「私は、預言者イザヤが言ったように『主の道をまっすぐにせよ。』と荒野で叫んでいる者の声です。」 (ヨハネ1章23節)

■    はじめに…今日の夜中、ゴトゴト!という物音で目が覚めました。ベッドから携帯電話が落ちた音でした。もし、その携帯が落ちる音がしなかったら…。きっと私は朝までぐっすりと寝入っていたことでしょう。つまりメッセージの準備をすることが出来なかったでしょう。

■    バプテスマのヨハネのキャンドル…今日はアドベント第三主日です。3本目のキャンドルに火が灯りましたが、これは「バプテスマのヨハネのキャンドル」です。バプテスマのヨハネは、救い主なるイエス様を世の人々に、いち早く証しました。

■    パスする… the preparation is deduced at metformin purchase uk , and at a hemodialysis. use of order fluoxetine online no prescription , and of antibiotics at fluoxetine fog, 私たちは、自分の存在をアピールします。人々から神のごとく崇められ、賞賛され、神のごとく振る舞いたいというような衝動があります。しかし、荒野で悔い改めのバプテスマを授け、多くの弟子を持っていたヨハネは、自己アピールではなく、主イエス様を指し示し、主の顕れを人々に備えることに徹していました。「キリストではない」「エリヤでもない」(ヨハネ1章20、21節)と、徹底して自己否認して、脇役に徹しました。脇役というよりも、第1幕と第2幕をつなぐナレーションとしての“声”でした。

■    主との霊の通路…それは荒野の中で「主の道をまっすぐにせよ」という声でした。これは預言者イザヤが語った預言のことばです(イザヤ40章)。荒野は、深い谷と険しい山に囲まれて、いのちが脅かさる困難な状況です。そのなかで「力の限り声をあげよ。声をあげよ。恐るな」「主は力をもって来られ(…)ふところに抱き、優しく導く」「主を待ち望む者は新しく力を得る」と、励ましと確信をもって預言を語っています。主との霊の通路が開くとき、私たちは新たな希望と生きる力が与えられます。その福音が2千年のときを超えて、私たちのところに届いています(コロサイ1章6節)。

■    結び…主との霊の通路が開かれている皆さんお一人ひとりの歩みが、希望と力に満たされたものとなりますよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ