Posted on 12/22/2013 at 16:39, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『聖母マリヤ=教会』(2013.12.22)

御使いは、はいって来ると、マリヤに言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたとともにおられます。」 (ルカ1章28節)

■    はじめに…9月から趣味でオカリナを楽しんで吹いています。まさに“楽器”、楽しい器です。「老人は夢を見る」(使徒2章17節)という御言葉もあるように、夢は大きく持って、将来はオカリナ賛美演奏とオカリナ製作を目指しています。

■    マリヤのキャンドル…今日はアドベント第四主日です。4本目のキャンドルに火が灯りましたが、これは「マリヤのキャンドル」です。マリヤが主の御言葉を受け入れ、御子イエス様をその胎に宿した、その従順、謙遜を象徴するキャンドルです。

compare buy zyban prices and save $$$, now buy zyban online >>> online pharmacy, compare buy zyban prices and save money. free fedex – save… purchase zyban
dec 12, 2014 – buy cheap generic baclofen online without prescription. more info about buy tablets baclofen everyday low medication prices . buy cheap

■    戸惑い…プロテスタントの教会では、意識的にマリヤを強調することは避けています。これはマリヤを偶像化する危険を回避するためでしょう。また、処女降誕については合理的な説明を試みようとしたりします。しかしマリヤ自身、「ひどくとまどって(…)」(ルカ1章29節)と、聖書は率直に心の葛藤を伝えています。そのマリヤの胸中を察することはできません。

■    ことばによる懐妊…マリヤは受胎告知する御使いと問答するなかで「おことばどおりこの身になりますように」(ルカ1章38節)と、御使いのメッセージを受け入れました。これは自らのいのちを預ける覚悟、信仰による決断です。処女マリヤはことばを耳で聞いて懐妊したのです。処女降誕は科学の域を超える霊的な事柄です。

■    ノートルダム…世界各地に「ノートルダム」と冠した教会があります。これは聖母マリヤの意味です。聖霊によって身ごもり、神の御子が誕生し、福音を携えて世に出て行く。同じく、聖霊の力を受けた教会から、イエス様の証し人が、世に出て主の栄光のために仕える。主イエス様の母マリヤは、私たちを含むすべての教会です。

■    結び…皆さんお一人ひとりが聖霊様の力を頂き、良き知らせを携えて、それぞれの教会から遣わされて行きますよう、祝福して祈ります。

buy prednisone fast shipping . anti-allergic|asthma. male enhancement, no prescription required, weight loss, guaranteed shipping.

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ