Posted on 01/05/2014 at 08:31, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『救いの道』(2014.1.5)(信仰シリーズその2)

4 days ago – so rapidly, high levels of of generic baclofen no prescription statements. statistically significant generic doxycycline uk paypal | asacol online

イエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません。(ヨハネ14章6節)

■    はじめに…自転車に乗る練習を覚えていますか? 私の場合は、母が2、30メートルくらい先に立って、その母の立っているところを見つめて、まず右足でペダルを踏み込み、そして次は左足で…。誰しも、そんな風にして練習したのではないでしょうか。「イエスから目を離さないでいなさい」というのも、それと同じでしょう。私たちを信頼し、励ましておられるイエス様の慈しみと眼差しが、私たちの信仰の成長の源です。2013年は「結びシリーズ」としてみことばを聞いてきましたが、2014年は「信仰シリーズ」としてみことばに聞いていきたいと願っています。

■    通路…私たち人間は、霊、たましい、からだの三つの側面を持っています(Ⅰテサロニケ5章23節)。これらは人の内に備わった一種の“通路”です。環境とからだの通りが良ければ「満足、健康」になり、他の人とたましい(心)が良く通じれば「幸せ」になります。神様と霊が通じるのが「信仰」です。

■    不通…反対に、霊と神様、たましいと人、からだと環境が通じない“不通”の状態が「罪、滅び」の状態です。私たちの人生の道は、その行てが阻まれ、不通状態のときが何と多いでしょうか。人と心が通じない、誤解、不信、裏切り、忘恩、背徳による不幸。生理現象がスムーズにできないことからくる消化不良などの苦痛。

purchase amoxil 250 mg/5ml fast u.s top offering, buy amoxil 250 mg/5ml money order discount prescription drugs amoxil 250 mg/5ml valid pharmacy

■    救い…これら通じなかったところを、再び通じるようにすることが「救い」です。そのためにイエス様ご自身が道となってくださったのです。その道は、この世の人生の道を突き抜けて、永遠の御国までつながっています。その道は真理であり、いのちです。この神と出会う通路が、既に私たちの内側にあるということです。

nov 25, 2011 – buy baclofen for rumination online without a prescription and no overnight delivery of baclofen for autism in us no prescription needed

■    結び…私たちの霊、たましい、からだの通路を開いてくださり、いのちを与えてくださる救い主イエス様にすべてを委ね、信頼し、今週出会う隣人の救いのために、さらには万物の完成のために働く新しい一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ