Posted on 01/12/2014 at 13:08, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信仰の秘訣』(信仰シリーズその3)(2014.1.12)

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によって(原語=神の子の信によって)いるのです。

(ガラテヤ2章20節)

■    はじめに…「神を信ずるにあらず、神に信ずるにあり。自己を神に信(まか)しまつるにあり。自己に死して、キリストをして代わりて生かしめまつるにあり(ガラテヤ 2章20節)。信仰の秘訣はこれなり。大なる能力(ちから)の加えらるるも、聖き思想の与えらるるも、その秘訣はすべてこれなり」。これは内村鑑三が自身の雑誌『聖書之研究』に『信仰の秘訣』と題して掲載した文章です。

■    信仰の秘訣…信仰の秘訣は、神の御子“を”信じることではなくて、神の御子“に”信頼することだと断言しているのです。御子は私たちの信仰の対象や信仰のアクセサリーではなく、信仰の源であり、名実ともに私たちの「主」です。この主イエス様に信頼するときに、私たちに大いなる力が働き、聖なる考えが与えられ、救いの業を体験します。

■    魂の救い…先週、人間は霊、たましい、からだの3つの側面があり、それらは一種の通路であって、この通路の通りが良くなることが“救い”だということを学びました。内村鑑三の言う、大なる能力、聖き思想を別の言い方をすれば、意志の救い、考えの救いと言うことができるでしょう。たましい(精神)は知、情、意、すなわち考え、感情、意志に分類できますから、『信仰の秘訣』とは『魂の救い』と同義と言えるでしょう。

■    主体的選択… cheapest prices pharmacy. dapoxetine online kaufen . instant shipping, dapoxetine in india price. たましいの救いとは、神様がイエス様を通して与えようとしておられる祝福を、私たちが主体的に選び取るということです。その選びに導くのがまず“考え”です。しかし往々にして私たちは世の考え(欲望と不安)にだまされやすいのです。ですから、みことば(コロサイ3章)によって選択することです。また“感情”は救いの原動力になりますが、しばしば環境に支配され衝動的になります。祈りによって霊感が回復し、抑圧された感情が新しくされます。堕落した“意志”は快楽と本能の奴隷になります。一途に、一心に、みこころに向かっていく意志的決断が必要です。

discount order cialis online fast delivery system. australia fast delivery. global worldwide network. best costumer support

azithromycin cost rite aid zithromax online ■    結び…新しい一週間、キリストの体に結ばれた信仰生活を通して皆さんが救いの醍醐味を体験されるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ