Posted on 02/23/2014 at 07:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信仰職人』(信仰シリーズその9)(2014.2.23)

イエスは答えて言われた。「あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。」 buy fluoxetine online, fluoxetine price walmart, prozac 20 mg price in pakistan.

cheap dapoxetine uk – spend less on medications from best manufacturers. amazing discounts for you to take advantage of. buy cheap yet effective drugs from 

(ヨハネ6章29節)

■    はじめに…先週は何といってもソチ五輪での浅田真央選手でしょう。ショートプログラムではまさかの16位。しかし翌日のフリーでは前人未到の8トリプル達成。結果6位でメダルは得られませんでしたが、私の友人は「浅田真央は職人(マイスター)ですね」と評していました。最高のスケート技術の確立と、メダルにこだわることなく飽くなき理想の追求ということでしょう。それゆえにショートでの転倒による失点でメダル獲得から遠のいたと失望して諦めることなく、翌日には復活して見事な演技をすることができたのでしょう。

■    大工職人…イエス様は30歳まで、大工(石工)職人でした。きっと父ヨセフから受け継いだ匠の業をもって1軒1軒、子どもを育てるようにして心を込めて家を建てていったことでしょう。しかし、この世における家づくりにとどまらず、この世を超える霊の家づくりを目指しておられました(ヨハネ14章2節参照)。

■    心ない言葉と思いやり…初日ショートプログラムの後、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相は「あの子、大事なときには必ず転ぶ」と発言しました。一方、外国人スケーター達はツイッターなどで励ましや共感の言葉など、思いやりに満ちた言葉を発信しました。事あるごとに失言を繰り返す者がトップをつ務める東京五輪は、いったいどんなものになるのでしょう。聖書は「悪いことばを、いっさい口から出してはいけません。ただ、必要なとき、人の徳を養うのに役立つことばを話し、聞く人に恵みを与えなさい。」(エペソ4章29節)と教えています。

other medications alcohol trials baclofen to take , buy baclofen online australia baclofen cost nhs, baclofen costa rica – dutchblue.nl., baclofen online canada

■    神わざ…人々は「神のわざを行うために、何をなすべきか」(ヨハネ6章28節)とイエス様に問いました。それに対してイエス様が答えられたのが今日のテキストです。「神が遣わされた者を信じることが神のわざ」。“神わざ”とは何かをすることより先に、死んでよみがえられた活けるキリストを信じることです。

■    結び…新しい週、皆さんお一人ひとり、十字架と復活を通して霊の家を備えてくださっているイエス様を信じ、すべてを主に委ねて平安のうちに歩まれるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ