Posted on 03/09/2014 at 07:28, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信仰によって軽やかに生きる』(信仰シリーズその11)(2014.3.9)

buy estrace online, buy gestodene ethinyl estradiol in india, cheapest place to buy estrace cream.

私は福音を恥とは思いません。福音は、ユダヤ人をはじめギリシヤ人にも、信じるすべての人にとって、救いを得させる神の力です。なぜなら、福音のうちには神の義が啓示されていて、その義は、信仰に始まり信仰に進ませるからです。「義人は信仰によって生きる。」と書いてあるとおりです。                                            (ローマ1章16-17節)

■    はじめに…先週、友人の息子さんのお見舞いのため、岡山へ行ってきました。友人は今月神学校を卒業し、開拓を始めることになっています。息子さんも開拓の大きな助け手として奉仕されます。生まれつき腎臓に障害があり、一日に5回の腹膜透析をしながら過ごしています。病院の面会室でお話をしているときも、机に倒れこむこともありました。自分の力ではなく、みことばの力(神の力)だけで生きている姿でした。

■    神の力…福音は神の力、そうパウロは語っています。神の力は、人間の力、元気、勇気、根気とは異なります。(当時のローマは人間の力を誇る時代でした)。神の力は、信じる者に救いを得させる力です。からだの救いはもちろん、魂(精神)の救い、霊の救いを実現する力です。ひとことで言えば、罪人を神の子とする力です。この神の力を信じる者は、もはや人間(自分)の力を誇ったり、自分の力に頼ったりすることから解放されます。

■    弱さを誇る…神の力によって生きる者は、強い自分ではなく、むしろ自分の弱さを自覚し、認め、その弱さを誇るようになるなります(Ⅱコリント12章9節)。もう強がり虚勢を張って生きることは必要ないのです。イエス様が、信じる者の内側で強く働いて下さいます。

buy estrace online, estradiol tablets 2mg ivf, gestodene 0.075mg ethinyl estradiol 0.02mg side effects.

buy dapoxetine 30mg online , all debit/credit cards accepted, worldwide shipping , cheapest price, approved canadian pharmacy, approved pharmacy. ■    信仰によって生きる…この世俗社会のなかで、人間の力でなく、信仰によって生きることは恥ずかしいことでしょうか? 難しいことでしょうか? あるいは時代錯誤でしょうか? 信仰を自分の力で信じることだと勘違いしていることがままあります。しかし、神の義、すなわち十字架の贖いの愛を知り、体験するとパウロのごとく、「福音を恥とは思わない」「弱さを誇る」とキッパリと告白せざるを得なくなり、告白したくなります。信仰に始まり信仰に進む、霊的に美しい、軽やかな新たな人生が始まります。

■    結び…新しい週、皆さんの歩みが、神の力によって信仰から信仰に進む、軽やかな歩みとなるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ