Posted on 03/30/2014 at 03:27, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『いのちの木なるイエス様』(信仰シリーズその14)(2014.3.30)

buy baclofen online, cost of intrathecal baclofen, total cost intrathecal baclofen pump .

まして、キリストが傷のないご自身を、とこしえの御霊によって神におささげになったその血は、どんなにか私たちの良心をきよめて死んだ行ない(from useless rituals=無用の儀式)から離れさせ、生ける神に仕える者とすることでしょう。(ヘブル9章14節)

■    はじめに…デイサービスに通う利用者さんを車で送迎するとき、いろいろな話を伺います。ある70歳台の女性に「趣味は何ですか」と尋ねると、しばらく考えてから「今から55年くらい前、名古屋で学校に通っていたとき、南山大や名大の学生と一緒に『森の歌』を歌う会という合唱団で、歌っていた」と話してくれました。これは戦後の「うたごえ運動」と呼ばれる合唱を中心とした音楽、社会活動のさきがけとなったものです。

■    人となられた神…クリスチャンは、イエス様が百パーセント「神」であり、同時に百パーセント「人」であることを信じています。この世は人が神のように高くなろうとする誘惑、欲望に満ちていますが、真の神様は、高みに留まるかたではなく、真の人、イエス様として低みに生きられる方です。

■    いのちの木なるイエス様… doxycycline 100 prescription canadian, buy doxycycline online australia, how order doxycycline online, doxycycline prescribing information , doxycycline  万物は、神のみことばで動いています。しかし人間の心だけ、神のみことばで動かないのです。なぜでしょうか? それは、エデンの園で人類の祖先アダムが、いのちの木の実を食べないまま園から追い出されたからです。神のみことばは、神のいのちです。神のいのちは霊のいのちです。このいのちが私たち人間の内側に入るべきでした。人の中には人だけが入ることができます。人は人を通して人になります。そのためにイエス様が、いのちの木の実を食べられないままの私たちを生かすため、ご自身がいのちの木、生かす御霊(ローマ15章45節)となられたのです。いとすぎ教会の“いとすぎ”は、このいのちの木のシンボルとしての名前です。

■    賛美のうたごえ…教会は、様々な宗教行事=死んだ行いをして、人を集め、ビジネスをするところではありません。生ける神様に喜びと感謝、賛美のうたごえをもって仕えるところです。主にある交わりを通して、それぞれの内側にキリストのからだを建て上げるところです。ハレルヤを声高らかに叫ぶところです(詩篇150篇)。

search by name special offer buy cialis without a prescription used to intensify

■    結び…新しい一週間、主をほめたたえる皆さんであるように、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ