Posted on 04/13/2014 at 04:15, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『思い煩いを喜びに変える』(信仰シリーズその16)(2014.4.13)

どうか、望みの神が、あなたがたを信仰によるすべての喜びと平和をもって満たし、聖霊の力によって望みにあふれさせてくださいますように。(ローマ15章13節)

■    はじめに…「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、身体的にも、精神的にも、(霊的にも、)そして社会的にも、すべてが満たされた(動的)状態にあることをいいます。」これはWHO憲章にある健康の定義です。

■    煩いからの解放…健康とは、霊、たましい、からだのトータルとしての健康であって、別の言い方をすれば“救い”と言っても良いでしょう。“病は気から”という格言がありますが、その最たるものが「思い煩い(煩悩)」。この煩いからの解放、救いが、あらゆる宗教の目指すものでしょう。

buy lioresal thailand: medications related to cheap lioresal tablets online in where can i buy baclofen in singapore, how can i buy lioresal in australia ,  jan 22, 2011 – buy prozac without prescription , while out surfing today, i chatted with a guy order online canadian pharmacy store! buy zoloft online india . instant shipping, best price zoloft 100mg. prozac online c.o.d. buy no prescription prozac online .

■    主の哀悼…詩篇94篇19節のみことばに「私のうちで、思い煩いが増すときに、あなたの慰めが、私のたましいを喜ばしてくださいますように」があります。この「思い煩い」は、「心がひび割れてゆく」という意味です。そして「あなたの慰め」は「主の哀悼(心が動くほどの深い悲しみ)」です。それは、どんな悲しみでしょう? それはまさに父なる神が、独り子イエス様を十字架の死に渡す悲しみでしょう。それと同じ悲しみ、慰めの御思いを、私たちのひび割れていく心に注いでくださるのです。

■    喜びがにじみ出る…その主の私たちに対する悲しみ、慰め、悲愛が注がれて、私たちのひび割れていく心の、まさにその裂け目から、喜びがにじみ出て来る、そう詩篇は語りかけています。

■    方向転換…そのことをイエス様は「悲しむ者は幸い。その人は慰められる」(マタイ5章4節)とおっしゃいました。またパウロは「神のみこころに添った悲しみは、(…)救いに至る悔い改めを生じさせますが、世の悲しみは死をもたす」(Ⅱコリント7章10節)と言いました。悔い改めは方向転換です。悲しみから喜びへの、死からいのちへの方向転換です。この、とてつもなく大きな希望、父なる神の愛、十字架のイエス様のあがないの恵み、聖霊様の喜びと平安の実として用意されています。

■    結び…煩いを喜びに変えてくださる主に栄光がありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ