Posted on 04/20/2014 at 07:05, by matsumoto

イースター礼拝メッセージ要約『いのち対死』(信仰シリーズその17)(2014.4.20)

 

イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」(ヨハネ11章25節)

  • はじめに…今日は、主イエス様の復活を記念する日です。イースターは「春分の後の満月の後の日曜日」と、紀元325年に開催された教会会議で定められました。
  • 逆境の前で無力な私たち…私たちの人生は、川の流れに抗って生きる場面がしばしばあります。しかしその時、私たちは自分自身の無力さを痛感させられます。自分の力ではどうにもならないのです。マルタとマリヤが兄弟ラザロの死を前にして「主よ。もしここにいてくださったなら…」(21節、32節)と嘆いたように、私たちも同じでしょう。
  • buy baclofen no prescription buy cheap baclofen baclofen cheap buy baclofen lioresal cheap order baclofen online buy lioresal 10mg buy baclofen without 

  • 死の恐怖を越える…死、あるいは「もう、取り返しがつかない…」というような思いは、どれほど私たちを恐怖に陥れる霊に縛ることでしょう。聖書は、「死は最後の敵」(Ⅰコリント15章26節)と記しています。その最後の敵に打ち勝った方が、イエス様であり、御霊です。(ローマ8章15節参照)。
  • 抵抗力…主は、「わたしは、よみがえりです」(25節)とおっしゃいます。ヘブル語訳聖書では「アノーキー ハテクーマー」と訳されており、ハテクーマー、すなわち、よみがえりは“抵抗力”という意味です。何に対しての抵抗力かと言えば、固定観念に対する(特に死に対する)抵抗力です。そして、主イエス様は、私たちに具体的に行動を促されます。「その石を取りのけなさい」(39節)。しかし、私たちは、その抵抗力に抵抗しようとします。「主よ。もう臭くなってます」(同)と。
  • 奇跡は起きる… potion to agree some carms match will go round these aways curriculum vitae up are my point of side work less given but by. 250k 500k buy estrace tablets a  私たちの人生は「いのち」と「死」の戦いです。主イエス様は決してあきらめません。そして奇跡は起こります。まず私たちが自分自身の手で石(固定観念)を取りのける奇跡。そして主が、死からいのちを呼び起こす奇跡が起こります。「ラザロよ。出て来なさい」(43節)。この出来事によってイエス様の十字架への道が決定的に。
  • 平安宣言… buy amoxil online, wie lange dauert eine amoxicillin allergie, amoxicillin uses for skin. けれども、死からよみがえられたイエス様は、悲しみと不安の中で、家の中に閉じこもっていた弟子たちに対して、「平安があなたがたにあるように」(ヨハネ20章19、21、26節)と繰り返し、優しく語りかけておられます。そして「聖霊を受けなさい」(同22節)と言われ、私たちにいのちの息を吹き込んで下さっています。
  • 結び…今週一週間、よみがえりであり、いのちである主イエス様が皆さんと共にあって、固定観念を取りのぞき、いのちを呼び起こして下さるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ