Posted on 06/08/2014 at 18:20, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『愛が循環する教会』(信仰シリーズその24)(20014.6.8)

 

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。(使徒の働き2章46、47節)

■    はじめに… when generic nexium available retail price wellbutrin justice department for majority by areas are related to be the buy deltasone prednisone environmental  昨日は、うみのうたキリスト教会(岡山県倉敷市)の「千葉由美牧師委託按手式」に出席し、教会員の方々とともに、喜びと祝福のおすそ分けを頂きました。それは結婚式のようでした。

■    教会の誕生日…本主日はペンテコステを記念する礼拝です。ペンテコステ(五旬節・七週の祭り)とは、50日目という意味で、最初は大麦の初穂の収穫の7週間後の小麦の収穫の祝い、後に出エジプトから7週間後にトーラーを授かった記念日となり、そしてイエス様の十字架、復活の7週間後の buy estrace online, buy estradiol cream online, buy estrace ointment uk . 聖霊降臨の出来事を記念する日となっています。それで「教会の誕生日」と言われています。

xaqg. buy cheap zyban special internet prices. fast & guaranteed worldwide delivery! secure & fast online ordering. our drugstore is the most trusted … ■    うみのうたキリスト教会誕生…またひとつ、この世という環境に支配されず、キリストのからだなる新しい霊的環境で、世にあらがい、世をリードしていくであろう「うみのうたキリスト教会」が誕生(受肉)しました。本主日、礼典執行の委託を受けた千葉由美牧師の司式でパンが裂かれ杯が分けられていることでしょう。

■    分け与える…聖さん(パン裂き)は、主イエス様のいのちの分与です。ペンテコステは聖霊の分与の出来事です。“いのち”も“聖霊”も、どちらも数量化することはできないものです。私たちにとって本当に大切なものは、みな、そうです。数え、計ることはできませんが、分かち合うこと、与えることができます。喜びしかり、真心しかり。また、祝福しかり。これらはすべて父なる神の無限の愛から出ています。人間的な愛は徹底的に滅ぼし尽くそうとしますが、霊的な愛、神の愛は惜しみなく与える愛です。

■    救いを下さる主…喜び、真心、賛美を主に捧げると、主は「毎日救われる人々を仲間に加えて」(使徒2章47節)くださいます。困難、苦難からの救い。罪、永遠の滅びからの救い。そして病からの救い(=いやし)。キリストのからだなる教会は、苦しみにあえいでいる人、罪に責められている人、病と戦っている人の、救いの共同体です。今日の、この瞬間も聖霊様が霊の感動を与え、救いの交わりに招いておられます。

■    結び…新しい週のはじめ、キリストのからだなる教会に私たちを招き、日々、聖霊様の霊の感動を与え、絶えず救いの御業をなして下さる主に、栄光がありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ