Posted on 06/22/2014 at 04:25, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『聖書―クリスチャンの憲法』(信仰シリーズその26)(2004.6.22)

 

それには何よりも次のことを知っていなければいけません。すなわち、聖書の預言はみな、人の私的解釈を施してはならない、ということです。

なぜなら、預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのだからです。                                                     (Ⅱペテロ1章20-21節)

 

■    はじめに…政府(安倍首相)は、集団的自衛権の行使容認に向けた憲法解釈変更を、7月4日閣議決定することで調整をしています。歴代内閣が「憲法9条の下で集団的自衛権の行使は許されない」としてきた憲法解釈を百八十度ひっくり返す大転換“コペルニクス的転回”をしようとしています。

■    憲法9条… buy viagra at most reasonable price. online pharmacy. lowest prices. order the cheapest medications. discount viagra 憲法9条①日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。②前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

■    聖書の預言…聖書66巻は、クリスチャンにとって“誤りなき信仰生活の基準”です。クリスチャンにとっての“憲法”です。

■    私的解釈…憲法たる聖書に「私的解釈を施してはならない」と、ペテロは語ります。「解釈」とは、ギリシア語原語の意味からすると「上に解放する」ということです。私的解釈とは、それが無意識的であっても恣意的であっても、自分の主義主張に引きつける(縛る)ことです。まさにそれは聖霊降臨以前のペテロの姿そのものです(マタイ16章22節、同17章4節、同18章21-22節参照)。

■    霊的解釈…聖書は霊的な書物です。ですから私的解釈ではなく霊的解釈が必要です。真の預言者なるイエス様、聖霊様の助けと導き(マルコ4章34節)によって、上(天)に向けて開かれるとき、いのちと平安(ローマ8章6節)で満たされ、新たな力を得ます。

■    結び… buy baclofen online buy fluoxetine online in uk fluoxetine mail order. women’s health. cheap prices, fast worldwide shipping, amex. , lioresal 10 25 wirkstoff, lioresal oral solution price in india. serve para que pump issues lioresal pros tablet lioresal novartis retail price 新しい週、皆さんお一人ひとり、聖書のみことばと聖霊様の助けと導きを通して、神の子ども、証し人としての召しにふさわしく生き、平安の中を歩まれるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ