Posted on 07/20/2014 at 07:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『三位一体を生きる』(信仰シリーズその30)(2014.7.20)

 

主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがたすべてとともにありますように。

6 dec 2012 … atarax tablets contain the active ingredient hydroxyzine, which is a type of medicine called a sedating antihistamine. buy atarax  (Ⅱコリント13章13節)

 

■    はじめに…先週、コードレスのPCキーボードが動かなくなってしまいました。祈って後、購入先の家電量販店に持って行くと、動作確認して故障が判明。保証期間が過ぎているにもかかわらず、すぐに新しいものに交換してくれました。主に感謝しました(もちろん量販店の担当者の速やかな対応にも)。新しいキーボードで無事、週報を作成することができました。

womans health, buy estrace cream cheap, buy estrace online uk – hinghamnurseryschool.com. available brands for generic dapoxetine with manufacturers details. click on the desired brand to find out the drug price . ■    神…唯一の神には、三つの人格があります。それは父と子と聖霊です(マタイ28:19、Ⅱコリント13:13)。

■    三位一体の教義…すべてのキリスト教会は、父・子・聖霊なる「三位一体の神」を告白します。この三位一体という言葉は聖書に書かれている訳ではありません。古代教父テルトゥリアヌスの造語です。彼は父・子・聖霊の関係を「根・芽・実」「水源地・川・灌漑用水」と表現しました。また、アウグスティヌスは「愛する者・愛される者・愛そのもの」と言いました。

■    三位一体を生きる…私たちにとって大切なことは、三位一体の教義とその解釈ではなく、三位一体の神を体験し生きることです。父なる神の私たちに対する愛は「世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び(…)イエス・キリストによってご自分の子にしようとあらかじめ定めておられた」(エペソ1章4、5節)愛です。この世に存在していない私たちを、愛する相手として、父なる神はすでに知っておられる、“無限の愛”です(この神の愛に対して人の愛は限界があります)。この愛を私たちに伝えるためにイエス様は十字架に掛かられ、あがないとなられました。いのちをも“与える愛”です。聖霊は私たちのうちに住んで、感謝と喜びを父なる神に捧げるように働きます。この三位一体の愛が、天と地の通路を開くのです。この絶大な神の愛を喜び、平安の中を生きる希望の生涯の新たな幕が今、皆さんの前に開かれようとしています。

■    結び…三位一体の神の愛によって始まる、将来と希望の一日一日を、皆さんが体験されるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ