Posted on 07/04/2010 at 09:36, by matsumoto

主日メッセージ要約『イエス様から目を離さないで』(2010年7月4日)

今日のみことば

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。(ヘブル12章2節)

premenstrual dysphoric disorder, generic prozac costco , cheap generic prozac no prescription – virtualcom.it. ■神は焼き尽くす火…これは12章の最後のみことばです。「火」は神の臨在の象徴として聖書には出て来ます。では、神の臨在なる火は、何を焼き尽くすのでしょうか。それは12章1節にある“いっさいの重荷”と“まとわりつく罪”です。

■試練と忍耐…そのために主は、私たちに試練を与えられます。それは時として懲らしめられているようであり、悲しい思いにさせられます。しかしそれは父が自分の子を訓練することだと、みことばは語っています。そして憐れみの主は、決して耐えられない試練には会わせられません。“脱出の道”を備えて下さいます(Ⅰコリント10:13)。

fluoxetine 20mg get overseas. fluoxetine get. fluoxetine can i purchase us. mail order fluoxetine elk grove. co- fluoxetine low price american express ■信仰の創始者・完成者…“脱出の道”は、みことばなるイエス様です。天地が滅びても決して滅びない、みことばなるイエス様です。贖いの主です。私たちがイエス様から目を離さないことで、元気を失わず、疲れ果ててしまうことがなくなり、いやされます。

■結び…私たちの重荷と罪を、十字架で贖って下さったイエス様を見上げて、希望に溢れた一週間を歩めるよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉/ can i get valtrex online. buy valtrex ( valaciclovir ). buy valtrex ( valaciclovir ). 私は彼の肩から重荷を取り除き(…)(詩篇81篇6節)…経験的に80パーセントから90パーセントの人は肩こり(肩の筋肉が凝り固まっている人)です。肩がこりすぎて自覚のない人もいます。肩を揉みほぐしながら「主よ、○○さんの肩の重荷を取り除いて下さい」「○○さんの肩の重荷を取り除いて下さり感謝します」と祈ります。そして、肩の重荷が取れて軽くなった状態をイメージします。すると私の胸の中に、患者さん一人ひとりが背負って来た苦労を慈しむ思いが拡がり、聖霊の力が手から患者さんに流れていくのを感じます。「ああ、軽くなった」「天国に行っていました」などと笑顔で声を掛けて下さるとき、神様に感謝します。身体的に肩こりがほぐれただけでなく、患者さんの心の重荷が神様によって除かれたことを実感します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ