Posted on 12/07/2014 at 04:01, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『聖霊の満たし』(信仰シリーズその49)(2014.12.7)

主日礼拝メッセージ要約『聖霊の満たし』(信仰シリーズその49)(2014.12.7)

写真=中村孝司撮影

彼は地に倒れて、「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか。」という声を聞いた。 buy female viagra canada. generic and brand drugs with 100% satisfaction …

(使徒9章4節)

  • はじめに…先週の木曜日(4日)午前9時前に、敬愛する中村孝司兄が召天されました。癌が発覚してから約1年間の闘病生活のなか、イザヤ書53章4-5節のみことば「まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった(…)私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。」を握っていました。
  • 救い…神がこの世から召し出して下さった人々は、聖霊の働きによって、新生させられたために、自覚的な回心を経験するようになります。これは、生き方についての方向転換です(使徒9章1-19節)。瞬間的に起こりますが、瞬間的に自覚するか、ある過程を経て自覚するかは、人によって違いますが、ただ一度だけ起こるものです。同じ事柄について、新生とは神の側から捉えた場合、回心は人間の側から捉えた場合です。
  • 聖霊の声は…サウロ(後にパウロ)は、天からの光に圧倒され地に倒れ、聖霊の呼びかける声を聞きました。“呼びかける声”は女性形で記されていますから、きっと優しい響き、いのちを百パーセント肯定する響き、否、いのちで覆い、いのちを与え尽くす響きを伴っていたのではないでしょうか?
  • 人の声を超え… 17 sep 2011 … where to buy cialis ::: we sale brand and generic drugs. … the not total. nursing この聖霊の声がパウロに語られると同時に、主が、アナニヤに語られました。「パウロはわたしの選びの器」(使徒9章15節)だと。すでにアナニヤのところには、パウロがどんなにひどい仕打ち(脅しと殺害)を聖徒に対してしているかが人の声として伝わっていました。「あの人は信頼できない、受け入れられない人だ」と。しかし、主の声、聖霊の声は、人の声を超越して働きます。
  • purchase cheap baclofen 25 mg, 10 mg generic drugs can save patients and insurance companies substantial costs. baclofen buying prescription drugs 

  • 内に満ちる…敵ではなく主にある兄弟姉妹として、共に生きるように導かれます。主イエス様がなさったように、存在を承認し、共に食事をすることで、聖霊様の臨在感で内が満たされるようになります。そこから新しい人生が始まります。
  • 結び…聖霊様の声に耳を傾け、自分の思い、人の声から解放され、まったく新しい人生が今、皆さんの内から始められていることを信じ、感謝して祝福します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ