Posted on 02/08/2015 at 03:56, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『贖われた者の愛の交わり』(2015.2.8)

 

そして毎日、心を一つにして宮に集まり、家でパンを裂き、喜びと真心をもって食事をともにし、神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。 steep prices charged by by by , its logo and. customers customers need need to stay away from from from. less expensive not buy fluoxetine from india buy buy  (使徒の働き2章46-47節

 

  • はじめに…昨日2月7日は私の誕生日でした。51歳になりました。祝福のことばを下さった方々に感謝します。50年目はヨベルの年(安息年)だったとすれば、51年目は再スタートの年ということでしょう。しっかりと主のみことばを土台に据えて誠実に生きたいと思います。
  • 教会…教会はキリストがご自身をささげて贖われたものですから、キリストの愛と保護があり(エペソ5章2327節) 10 oct 2012 … buy female viagra online canada. approved canadian healthcare. worldwide 、そこでは聖徒の交わりが行われます(使徒2章4247節、Ⅰヨハネ1章3節)。キリストと教会は、愛によって一つに結び合わされているので、聖徒相互の関係もまた愛にほかなりません(ヨハネ133435節、コロサイ2章2節)
  • 贖われた者として…教会は、イエス様が十字架で流された血によって贖われた(代価を払って買い取られた)ものです。キリストのからだとしての教会に呼び集められた一人ひとり、罪を赦されて共に生きる者とされたのです。
  • 交わり…私(たち)と他者の出会い、そして共に生きようという決断が、交わりの基礎ではなく、イエス様によってお互い結び合わされているということが、交わりの基礎です。私たちはイエス様の十字架と、みことばの下にある兄弟姉妹として生きるのです。
  • 愛に生きる…イエス様の十字架と、みことばの下に立って兄弟姉妹と出会うとき、罪と誤解のただ中にあっても、赦しと愛に生きることが出来ます。そのようなお互いとして、主イエス様が私たちを招いて下さっています。主イエス様は、決して諦めません。見離しません。いつも共にいて下さいます。ゆえに私たちは日々、主に感謝を捧げ、賛美を捧げ、祈りを捧げます。
  • 結び… dapoxetine prescription uk. dapoxetine online usa free shipping buy dapoxetine australia without prescription. dapoxetine 90 prescription overnight delivery 新しい週、主の十字架の愛とみことばに支えられつつ、感謝と賛美と祈りを捧げ、行いと真実をもって愛し合うお一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ