Posted on 03/08/2015 at 18:00, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『変わらないもの』(2015.3.8)

主日礼拝メッセージ要約『変わらないもの』(2015.3.8)

(写真=中学野球イメージ)

神を賛美し、すべての民に好意を持たれた。主も毎日救われる人々を仲間に加えてくださった。(使徒の働き2 viagra purchase no prescription, buy female viagra. canadian pharmacy, big discounts. valid pharmacy recognized by the cfa. special internet prices! 章47節

  • はじめに… prices, atarax from $0.68 ј atarax from $0.37. shipping, worldwide trackable courier service, international unregistered airmail, world wide airmail, trackable. order atarax 私がアルバイトをしているリラクゼーション店には、「ほおっ!!」と思わず唸ってしまうような才能を持った人が働いています。その中のひとりに、かつて甲子園に出場し、大学野球、社会人野球で頂点を極めた人がいます。現在は、中学野球の監督として次世代のリーダーの養成に努めているそうです。
  • 教会…教会には、2つの主要な任務が与えられています。内側においては、キリストの体である教会を建て上げるということであり、外側に向かっては、福音を宣べ伝えるということです。教会が建て上げられていくためには、礼拝、交わり、奉仕、学びが行われ、福音が宣べ伝えられていくためには、あかしが行われなければなりません(使2:4247
  • safe place to buy baclofen buy baclofen usa canada uk baclofen online prescriptions with no membership. does baclofen affect opiates. buy cod baclofen no 

  • 師から学ぶものは…ある日、その方に「Nさんにとって師と呼べる方は誰ですか?」と尋ねました。するとその方は「私を甲子園に連れて行ってくれた高校時代の監督ですね」。自分を育ててくれたその監督の教えてくれたことは「百パーセント絶対」と思っていたそうです。ところが、徐々に技術的・知識的に成長するに従って、「監督の教えてくれたことは間違っていたのかも…」と、師に対して疑いを持つようになったそうです。
  • 時代とともに…時代とともに技術論や方法論は変化していきます。例えば、かつてピッチャーは“肩は温めなくてはいけない”ということだったものが、今では肩をアイシングします。足腰を鍛えるために“うさぎ跳び”をしていたものが、現在では膝を痛めるということでタブーになっています。
  • 変化しないもの…Nさんが師から学び、今、中学野球の監督として取り組んでいるのは選手一人ひとりの自主性を大切にした“スポーツマンシップ精神”の伝承です。Nさんの率いるチームは野球道具と一緒に“ゴミ袋とトイレ用ブラシ”をいつも携帯しているそうです。そして試合中は相手チームに野次を飛ばさず、相手選手の良いプレーがあると褒めるそうです。私たち教会も主を賛美し、世に証しを立てていきたいものです。
  • 結び…新しい週、変わらない主の愛に生きる皆さんお一人ひとりであるよう祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ