Posted on 03/29/2015 at 02:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『新天新地を待ち望みつつ』(2015.3.29)

 

しかし、私たちは、神の約束に従って、正義の住む新しい天と新しい地を待ち望んでいます。

(Ⅱペテロ3章13節)

  • はじめに…今日の礼拝で、いとすぎ教会開拓から丸5年。次主日のイースター礼拝から開拓6年目に入ります。アブラハムと同様、ただ“わたしの示す地(名古屋)へ行きなさい”とのみことばの他、何もないところから始まった開拓です。そして日々“いとすぎ(ノアの方舟の材料)”の方舟(教会)の建造中です。みことばと聖霊様の導きに委ねての方舟造りは、環境がどんなに厳しくても、心の内側の平安と希望の明かりが消えることはありません。
  • propecia birth defects buy propecia online

  • 終末…最後の裁きが終わると新天新地が来て、すべては新しくなり、永遠に至ります(黙21:1~5)。イエス・キリストを信じ、命を与えられた者はすべてこの新天新地において、永遠に神と共にあって、キリストの完全な祝福と憩いに入れられます(イザヤ49 buy atarax, atarax online, buy atarax online, cheap atarax, where to buy atarax, order atarax online, purchase hydroxyzine online. 10、ダニエル12:3、マタイ2523、Ⅱテサロニケ1:6~7、ヘブル4:9~11 tremblingly baclofen buy australia baclofen online , buy baclofen . new smaller if you are unable united kingdom tizanidine trial group. a double- blind 、黙21:3~4)
  • 生き残り… cipro iv dose generic cipro ノアの時代に、洪水によって神の裁きがありました。それは「人の心に計ることがみな、いつも悪いことだけ」(創世記6章5節)で、そのことに主が心を痛められた(自らの責任とされた)ゆえでした。ただ一人、ノアだけが神とともに歩んでいたゆえに、方舟建造を指示して、その家族とともに生き残るようにされました。
  • 救いへと導く…主とともに歩む、主のみことばに聴き従うことが、次の新しい世界の門(救いの門)を開く備えになります。自分の声(欲望)、世の声(誘惑)に身を委ねるとき、その結末は滅びの門へと向かって行きます。
  • 忍耐の主…神はノアによって、小さな始の世を救ったように、イエスによって大きな終りの世を救われるのです(内村鑑三)。「その日がいつ来るのか」とじれったく思う人が少なからずおられるでしょうが、主は、忍耐深く、ひとりでも滅びることを望まない方ですから、悔い改めの機会を備えておられるのです(Ⅱペテロ3章9節)
  • 結び…世の流れに抗(あらが)いながら、主のみことばに従って方舟(=教会)造りに召されているお一人ひとりの上に、主の祝福がかあるよう、お祈りします。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ